ビッグコミックス<br> 築地魚河岸三代目 〈42〉

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり

ビッグコミックス
築地魚河岸三代目 〈42〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年02月20日 13時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ コミック判/ページ数 218p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091861733
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

築地は食のワンダーランド!!

東京・銀座の隣、築地。夢と人情と美味に彩られた”食のワンダーランド”築地魚河岸が存在するその場所に現れた一人の男。赤木旬太郎は元銀行マンだったが、恋愛結婚した妻の明日香が築地魚河岸の仲卸の一人娘だったことから、その三代目を継ぐこととなる。魚に関してはド素人の旬太郎の、築地での悪戦苦闘の日々が始まったが・・・!?

豊洲移転を控えた築地市場。『魚辰』を始め築地の人々は戸惑いや不安を隠せないでいる。旬太郎は江戸川先生とともに東京都庁の新市場整備部を訪れ、豊洲移転の必要性についてレクチャーを受ける。一方、旬太郎の義父・大旦那は、旬太郎の妻で娘の明日香に佃煮を授ける。果たして、その意図は…!? 感動の最終第42集!!


【編集担当からのおすすめ情報】
さまざまな魚の美味しさと魅力をお伝えして早13年。築地市場移転を前に堂々完結です! 最終42集では、なぜ豊洲に移転しなければならないのかについて、徹底議論します。旬太郎が出した結論は・・・!? 感動のフィナーレ、ぜひご堪能ください!

■目次

Fish1・・・ギンポの活(い)きる道
Fish2・・・“どんちっち”のアジわい(前編)
Fish3・・・“どんちっち”のアジわい(中編)
Fish4・・・“どんちっち”のアジわい(後編)
Fish5・・・魚食文化崩壊序曲(前編)
Fish6・・・魚食文化崩壊序曲(後編)
Fish7・・・築地場外市場の行方
Fish8・・・さようなら三代目(前編)
Fish9・・・さようなら三代目(後編)