ビッグスピリッツコミックススペシャル<br> ちいさこべえ 〈3〉

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグスピリッツコミックススペシャル
ちいさこべえ 〈3〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月17日 13時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 232p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091861375
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

時代ってなんだ?何も変わってねえっ!

周囲の反対を押し切り、意地っ張り若棟梁・茂次はなぜ意地を張るのか。
大留の職人達にその心中が明かされる。

一方、大留を再建するために茂次は信用金庫に融資の相談に出かける。
信金支店長は「相応の利息が付くよ」と言い、融資を承諾。
その”利息”というのが、支店長の娘を茂次が嫁にもらうことだという噂が
りつの耳に入り……。
居場所のなくなるりつ。茂次とすれ違い、ついに大留を出ることを決意!?

理解と誤解の第三幕!

【編集担当からのおすすめ情報】
本作品は第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しました。
「市井の人々の哀歓を現代ドラマとして秀逸に描く」、と評された自在な演出をぜひお手にとって見てください。

第二十一回 第二十二回 第二十三回 第二十四回 第二十五回 第二十六回 第二十七回 第二十八回 第二十九回 第三十回 第三十一回 第三十二回

望月 ミネタロウ[モチヅキ ミネタロウ]
著・文・その他

山本 周五郎[ヤマモト シュウゴロウ]
原著

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

81
時代が変われど人間の真理は変わらない。時代に配慮しすぎると人間の美徳は失われるのかも知れない。20代の茂次だが、大留の若棟梁としての、人間としての筋の通った考えに感嘆する。言葉が少ないから周りには意地っぱりだと思われる。だが、本心を無理に明かすことはないという茂次の気遣いでもある。茂次の真意を知り、大留を取り巻く人々の誤解は氷解する。何より、この作品の密度の濃さも素晴らしい。ひとつひとつのコマに無駄がない。小説だと行間で伝えるところだが、この作品ではコマと絵で心情の揺らぎが伝わる。非常に巧みな作品と思う。2020/01/16

積読亭くま吉(●´(エ)`●)

66
★★★★時代が違う。本当にそうでしょうか?確かに、この世の中に『絶対』や『永遠』なんて有りません。目に見える物も、見えない物も変わらぬモノは有りません。周五郎が言うのは、お伽話の夢語り、すっかり時代は変わってしまったんでしょうか?もし、もしも、もしも本当の本当に時代が変わって、目に見えない物の価値が軽んじられているのだとしたら…また、変えていったら良い。綺麗ごとかどうか、動いてみたらいい2016/02/14

とら

26
若棟梁の考えは正直理解出来ていなかったので、こう、ああも頑固に常識で考えれば好まれない選択を貫いた理由がはっきりした後、正にあの弟子たちや”横浜”のような心情になった。何故若棟梁を信じてやれなかったのか…若棟梁にだって考えは勿論あるさそりゃあ。そして本当は辛いと言うことも上手いこと隠しているのだ。一番色々なことに耐えているのは紛れもなく若棟梁である。そして最後らへんの、絵だけで魅せる展開―あの一コマ一コマからも、何かがにじみ出ている。何かを伝えようとしているのが分かる。本当に先の展開が気になる。気になる!2014/09/14

ユーカ

16
こういうふうにひとを愛することができたら…。2015/04/07

ぐうぐう

15
ロン毛とヒゲにより、表情が見えないから、茂次は誤解されるのではない。目と目を合わしたとて、理解はそう簡単には訪れない。事実、真正面を向き合ったりつに、茂次は思わず手をあげてしまう。次の夜、障子越しに二人は言葉を交わす。そして、和解する。目と目を合わすことではなく、相手を想い、自分を知ってもらおうと素直になること。そこに理解は訪れる。意地っ張りな茂次には、難しいことだけど。2014/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7962564

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。