• ポイントキャンペーン

ビッグスピリッツコミックススペシャル
ピンポン 〈フルゲームの1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 520p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784091860897
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

アニメ化記念 雑誌サイズで一気読み!

ビッグコミックスピリッツ誌上で連載された名作「ピンポン」のアニメ化(4/10放送予定 フジ ノイタミナ)と合わせ特製単行本全5巻を二冊にまとめた内の第一巻!雑誌サイズの大迫力で一気に」読み切って下さい!

【編集担当からのおすすめ情報】
ピンポンが鬼才、湯浅政明監督の手で連続テレビアニメに!作者、松本大洋も期待大で放送を待っています!この機会に大判全2巻で、名作を一気に読んで下さい!

第1話スマイル
第2話ペコ
第3話風の音が邪魔をしている
第4話孔文革
第5話ヒーロー
第6話老人と少年
第7話ドラゴン
第8話若者たち
第9話バタフライジョー
第10話男はド根性だかんよ!
第11話性能
第12話老人2/少年2
第13話インハイ卓球競技予選会男子シングルス
第14話少年怒る
第15話前で捌く
第16話ヒーロー不在
第17話First Game
第18話Second Game
第19話Third Game
第20話ペコVS.アクマ
第21話海王
第22話5人の卓球選手
第23話秋
第24話不協和音
第25話冬が近い
第26話おいてけぼりブルース
第27話スマイルロボ
EPISODE#0タムラ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

紫雲寺 篝

6
卓球の才能に溢れいつもおちゃらけながらも圧倒的な力で勝ち続けてきたペコは、仲の良い無愛想なスマイルと共に、部では一目置かれる存在だった。ペコのわかりやすく爽快感のある試合は周りを魅了し、しかし上には上がいるという現実を突きつけるのも早かった。強豪校のドラゴン、中国から来たチャイナ、部活の顧問のじいさん、と、彼らが才能ありと見出すのは常にペコではなく、スマイルの方だった。闘争心に欠け、気を遣う試合を続ける無自覚なスマイルだったが……!?全5巻を大判の2巻にまとめた1冊目。久し振りに読むが、やはり面白い。2019/06/14

kasukade

6
ムチャクチャ面白いんだけど。動きの表現が半端ない。モーションキャプチャーで動きの一番テンション高い部分をバシッと松本大洋アレンジで魅せてくれるのでたまらない高揚感が湧き出てくる。最高です。2014/07/19

なっつぼん

5
未収録だった番外編「タムラ」が入っているとのことで、別の版を持っているのにこの新装版も購入。でも未収録分は本当に超短編だったので、少し後悔。本編自体は素晴らしいので、未読の方はどの版でもぜひ。おちゃらけているのに人望のある「ペコ」と、内にこもる性格の「スマイル」。ペコを立ててきたスマイルの卓球の才能が開花するとき、2人の関係性がゆらぎます。個性的な脇役たちも魅力的。癖のある絵柄ですが、卓球のスピード感や、周りの音が消えるようなハイレベルな集中が、よく表現されてます。この版は全2巻で完結。2014/04/17

いっぽし

4
アニメが終わったら読もうと楽しみにとってありました。圧倒的な絵の力と勢いに、特に試合シーンは一気に引き込まれながら読みました。判型が大きいのでより絵の吸引力が増しているような気がします。卓球がどれだけ熱く激しいスポーツであるかがじりじりと伝わってきました。スマイルとアクマの勝負はアニメでもマンガでも何度見ても辛い。2014/06/21

小早川の婿

2
新装版が出たので再読。松本大洋先生は絵柄やコマ割りが独特で、メインから脇までキャラクターが非常に魅力的、セリフ回しのセンスも秀逸。スポ根ものでは必ずテーマの一つになる才能、それを持つ者と持たざる者の物語。アクマとスマイルの「俺は努力したよっ!!~卓球に全てを捧げてきたよ、なのにっ……」「それはアクマに卓球の才能がないからだよ」という場面が非常に印象的2014/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7969266

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。