ビッグコミックスワイド<br> カムイ伝 〈第2部 1〉

ビッグコミックスワイド
カムイ伝 〈第2部 1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 534p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784091858818
  • Cコード C9979

出版社内容情報

カムイが帰って来た!! 徳川封建体制の下、理不尽な抑圧にさらされた者達の果敢な戦いを描く。白土史劇、感動の<第二弾>!!

▼猿山〔一〕(カミナリ/孤猿/伏兵/旅立ち/恋鳴き/逃げ水/帰還)▼猿山〔二〕・谷地湯(道づれ/下剋上/異変/佐渡守) ●登場人物/カミナリ(第一位のボス猿。メスたちからの信頼も厚く、確固とした地位を保つ)、ダルマ(第二位のボス。おっとりした性格)、キズ(第三位のボス。気性の激しい性格)歯ッカケ(第四位のボス。四匹の中で一番若い) ●あらすじ/領地没収になった日置藩領内に、廃城をねぐらにする猿の群れがあった。カミナリという第一位のボスを筆頭に四匹のボス猿たちが群れを統括し、秩序もしっかりと保たれていた。そんなある日、群れのテリトリー内に一匹のよそ者が現われる。まずは、第二位以下のボス猿たちがこの猿を撃退するために立ち上がったのだが、あっけなくやられてしまう。三匹のボスが敗退するのをじっと静観していた第一位のボス、カミナリがついに腰を上げた。河原でじっと睨み合う二匹の猿だが、やがて何を思ったか、よそ者の猿は森へと帰って行ってしまう。しかし、その後も群れの近くにつかず離れずで居座り続けるこの猿に、群れは不吉な何かを感じ取っていた……(猿山〔一〕)。▼群れを離れていたボス猿、カミナリが帰還した。カミナリが留守の間に群

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kamogawaHB

0
九割九分ニホンザルの話2013/01/04

ポンくん

0
自宅にあり2021/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1520529

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。