ビッグコミックス<br> 兵馬の旗 〈8〉 - Revolutionary Wars

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックス
兵馬の旗 〈8〉 - Revolutionary Wars

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 212p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091858702
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

ついに兵馬とアンナ、再会す…!!

母成峠にて、新政府軍の侵攻を食い止めようとする会津軍と兵馬たちだったが、敵の勢いに勝てずに、兵馬は激しく負傷…!!
一方、薩摩の新八郎に連れられ、前線近くまでやって来た妻・アンナ…!!
パリと日本とで離ればなれだった2人の距離は今やわずかとなりながら、お互いを隔てる戦火が更に激しさを増す…!!
戊辰の激戦の中で、夫婦の想いを重ねるためには、何か奇跡が必要だがーーーー?

かわぐち かいじ[カワグチ カイジ]
著・文・その他

惠谷 治[エヤ オサム]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

7
男の理念の激突に対し、女はあくまで愛情でもって切り込んでいく。かわぐちかいじの漫画は、いつもそうだ。しかし、『兵馬の旗』が違うのは、アンナの愛情が、共和政事という兵馬の理念を支えていることだ。戦場という過酷な惨事の中で、兵馬の理念が際立つのと同時に、アンナの愛情も際立っていく。それはいつしか、勝ち負けを超えて、存在する。2014/10/05

ウチケン

1
大河ドラマ『八重の桜』のサントラを聴きながらの再読。1年前よりも感じ入るものがあった。非戦・反戦の思いは、アジア太平洋戦争の悲劇ばかりではない。沖縄戦同様に会津戦争も語り継ぐべき歴史だ。2015/02/15

よしQ

0
アンナが話しに絡んできてようやく単なる歴史物語から話が動いてきた感じがする。しかし兵馬の語る共和政事への理想は激戦の只中にある会津では虚しく響く。2014/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7848399

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。