ビッグコミックススピリッツ<br> 白暮のクロニクル 〈1〉

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックススピリッツ
白暮のクロニクル 〈1〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年10月18日 08時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 206p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091858474
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

ゆうきまさみ新境地は極上のミステリー!

そこは、「悲しき不老不死――オキナガ」が存在する世界。

厚生労働省の新米公務員・伏木あかりが配属されたのは
不死の種族「オキナガ」を管理する部署。
厚労省での仕事1日目にオキナガ惨殺事件と遭遇し
怪死事件を追う任務を与えられる、あかり。
しかも見た目は少年、中身は88歳老人の殺人事件マニア・
雪村魁とタッグを組まされ…。

時を越えて生きるオキナガに起こる怪死事件、
彼らの想いが紡ぐ年代記(クロニクル)。
日常系×非日常ミステリーの世界へようこそ!

【編集担当からのおすすめ情報】
30年以上も一線で描き続ける作家の、ほぼ10年ぶりの新連載。
ここで、ゆうきまさみは何を描くのか?

ミステリーを主軸にしつつも
過去作に通底する小気味よい組織論やコメディはそのままに、
あらたに「ほろ苦い恋愛要素」も加わりました。

2014年、今なお進化する漫画家・ゆうきまさみの姿を、
ぜひあなたの目で目撃してください!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

17

103
『犬は眠れぬ羊と踊る』ゆうきまさみ先生の最新作。息長(オキナガ)と呼ばれる不老不死の種族を管理する厚生労働省の夜間衛生管理課(やえいかん)に配属された新人・伏木あかりとオキナガの雪村魁がオキナガ連続殺人事件を追う。魁の言う「羊殺し」とは?色々謎を孕んだまま次巻へ。待ち遠しい。2014/02/01

Susumu Miki(Dik-dik)

72
スピリッツでの連載を読んでいて面白いと思ったんだけど、スピリッツ自体を読まなくなってしまったので単行本購入を決定。そういえばゆうきまさみって『究極超人あ~る』や『じゃじゃ馬グルーミンUP!』の作者であると同時に『ヤマトタケルの冒険』や『機動警察パトレイバー』の作者でもあるんだよなあ、と思う次第。作風をゲージのある側に振り切ると『アッセンブル・インサート』みたいなものになって、反対側に振り切ると本作みたいになるのかも。でもどの作品でも日常描写は変わらず秀逸ですよね。2015/01/23

wata

49
決定的な殺し方をしないと生き返る「オキナガ」って何?どうやったらなるの?吸血鬼っぽい…若いけど88歳?と疑問がいっぱい!2015/08/10

くりり

49
表紙イラストから危ない超能力者のガキかと思いきや、なんと不老不死のオキナガ88歳だって。どういう話になるのやら...2015/08/09

sskitto0504

33
作者買いです。こんなの書いてることも知りませんでしたが…まだまだ謎だらけですね。現実ではないんだけど現実っぽい気がしちゃうのは作者の力でしょうね。続きも読もう。2014/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7847969

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。