ビッグコミックスワイド<br> 初期のUrasawa - 浦沢直樹短編集

ビッグコミックスワイド
初期のUrasawa - 浦沢直樹短編集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 560p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784091858306
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

新宿の裏街にしずむ女を陰影濃く描いた異色作『新宿ララバイ』など、単行本未収録の4作品も完全収録した初期短編集が登場!

▼第1話/BETA!!▼第2話/Singing Policeman▼第3話/Runnnig Policeman▼第4話/Shouting Policeman▼第5話/Fighting Policeman▼第6話/Jumping Policeman▼第7話/Flying Policeman▼第8話/Swimming Policeman▼第9話/魔術▼第10話/Return▼第11話/ストリート・コーナー・ギャングズ▼第12話/サバイバル・ラバーズ▼第13話/シナリオ▼第14話/夜の空腹者たち▼第15話/勤め人走る!!▼第16話/クラッシュ・ダンス▼第17話/N・A・S・A PART1▼第18話/N・A・S・A PART2▼第19話/放課後コネクション▼第20話/オールド・ウエスタン・ママ▼第21話/さよならMr.バニー▼第22話/大正探偵▼第23話/マイティ・ボーイ PART1▼第24話/マイティ・ボーイ PART2 ▼第25話/ラッシュ・ライフ▼第26話/新宿ララバイ▼第27話/チルドレン・チルドレン●あらすじ/新宿にかおるという女がいる。28歳独身の売れないイラストレーターである彼女は、新宿のスナックに行っては知らない男と飲み明かし、一夜を共にしていた。そんなかおるにとって忘れられない歌がある。故郷の歌である島原の子守唄だ。「♪あん人たちゃ二つも金の指輪(ゆび

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶんぶん

14
【再々再読】「マスター・キートン」の流れで、初期の浦沢にたどり着く。 短編集だが面白すぎる。  連作の「踊る警官」シリーズの7作が傑作、いろんな事に興味を持つ、副業でバンド活動をしている交番勤務の警察官を描く青春物。 どこか憎めない「山下くん」に同調してしまう。 爆発的なヒットの「パイナップル・ARMY」までの5年間の軌跡を描く全短編集。 いろんな切り口を見せる、一見の価値ありだと思うのですが。2021/03/23

ぶんぶん

9
【再読】 初期作品集。 何となく「大友克洋」に似ているペンタッチ、それに良く動いている。 若い頃はガムシャラだった浦沢さんのタッチが良い。 何か昔を思い出し、懐かしい感じです。 しかし、良くストーリーを考え付くもんだなって思った。 天才は若い頃から天才だったんだ。2017/01/12

ぶんぶん

7
「パイナップルARMY」でブレイクするまでのデビューから五年間の軌跡を描く全短編集。 若い時の破天荒そのままに、キレのあるストーリーに、その後の浦沢を予感させます。 浦沢直樹を充分に堪能できる一冊です。 560頁が圧倒的に迫る、著者のインタビューが付いてます。 あの頃から「上手かった」んだなぁ〜…2015/12/19

ぶんぶん

6
【再々読】久し振りに引っ張り出してきたが、やはり面白い。 今は押しも押されぬ浦沢直樹だが、デビュー直前から5年間の全作品を集めた短編集。 すでに今日の浦沢節が出来上がっている。 やはり、天才は天才たる所以がある。 ユーモアとウイットは地力何だなあと、思わせる感性が凄い。 こんな作品は今日でも面白いと思われる作品です。 やっぱ、持ってて良かった作品集です。2020/09/21

白猫

0
2000年5月23日読了2000/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/32232

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。