ビッグコミックスワイド<br> Masterキートン 〈5〉 緑のフーガ

  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックスワイド
Masterキートン 〈5〉 緑のフーガ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 413p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784091858252
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

考古学者でありながら、生活のため保険調査の仕事もこなす平賀=キートン=・太一。目の前の危険に体を張って立ち向かう彼だったが……!?

▼第1話/血と名誉の掟▼第2話/愛と悲しみの掟▼第3話/コーンウォールの風▼第4話/王の涙▼第5話/放課後探偵団の冒険▼第6話/瞳の中のハイランド▼第7話/五月の恋▼第8話/シャトー・ラジョンジュ1944 ▼第9話/仮面の奥▼第10話/緑のフーガ▼第11話/イシスの呪い▼第12話/ブルーフライデー▼第13話/勝利の陰に▼第14話/ウイスキーキャットの村▼第15話/祈りのタペストリー▼第16話/幸運は雨と共に ●登場人物/平賀=キートン・太一(母は日本人、父は英国人、英国国籍所持。オックスフォード大学出身、胡桃沢大学「考古学」講師兼フリーの保険調査員。元SASサバイバル教官)●あらすじ/キートンはロンドンで寄宿舎学校時代の親友、アンドレア・ヴィツーニと出会う。しかしその直後に彼の車は爆発して……。マフィアである彼の父親と共に、心当りのある爆弾製作者のもとを訪ねるキートン。しかしすでに彼は息絶えたあとだった。残された手掛かりから、キートンたちはベルリンへ向かう(第1話)。▼親友の爆死事件の真相を追うべく、ベルリン最大のマフィア、ダミアーノ・ルッソを訪ねたキートンは、ソ連の軍人が絡んだ麻薬取引の存在を知る。そして黒幕の居場所にたどり着い

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

椿

9
再読。ほぼ忘れてたけど、「王の涙」「ブルーフライデー」はうっすら覚えてたよ。なかなか、大学の講師には復帰できないね。2016/01/29

ブーボ

8
五月の恋 と 緑のフーガ がお気に入り。 この本は今のところマスターキートンの中で一番好きです!2019/07/23

参謀

3
祇園祭のタペストリーの話はTVで紹介されていたので、少しは知っていました。海外の物が巡り巡って日本にあるのはやはり感慨深いです。そしてそれをロマンチックなエピソードにした本作もまた素晴らしい。2017/03/05

ちー

2
【再読】チャーリー良いライバルで楽しい。祇園祭りの山車に西洋風のタペストリーが使われてるとは知らなかった。意外だったけどこの話好きです。2014/10/05

ma

2
いいやつが復讐をしてしまうパターンやだよう。どういう終わりになるのかちっともわかんないなー2012/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/509087

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。