ビッグコミックスワイド<br> Masterキートン 〈4〉 豹の檻

ビッグコミックスワイド
Masterキートン 〈4〉 豹の檻

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 418p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784091858245
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

考古学者でありながら、生活のため保険調査の仕事もこなす平賀=キートン・太一。目の前の危険に体を張って立ち向かう彼だったが……!?

▼第1話/エルザ・ランチェスターの思い出▼第2話/エルザ・ランチェスターの復活▼第3話/瑪瑙色の時間▼第4話/匂いの鍵▼第5話/デビット・ボビットの森▼第6話/デビット・ボビットの帰還▼第7話/黄金の鐘の夢▼第8話/出口なし ▼第9話/豹の檻▼第10話/カルーンの鷲▼第11話/アナトリアの蟻▼第12話/死の都市の蠍▼第13話/井戸の中の鼠▼第14話/賭けの王道▼第15話/禁断の実▼第16話/西から来たサンタ ●登場人物/平賀=キートン・太一(母は日本人、父は英国人、英国国籍所持。オックスフォード大学出身、胡桃沢大学「考古学」講師兼フリーの保険調査員。元SASサバイバル教官) ●あらすじ/新任教師としてノリッチ大学に赴任してきたメアリーは、ホエール教授が仕組んだちょっとしたいたずらから、婚約者のバリーに別の女がいるのではないかと思い込んでしまう。架空の人物であるエルザという女を探しまわるメアリーは、同じくノリッチ大学に赴任してきたキートンに相談を持ちかける(第1話)。▼架空の人物であるはずのエルザの実在、血の付いたマスク……。事件の臭いを感じ取ったキートンは、独自の調査を進めるのだが……(第2話)。 ●本巻の特徴/第3話ではキート