フラワーコミックスαプチコミ<br> 鎌倉けしや闇絵巻 〈2〉

個数:
電子版価格 ¥495
  • 電書あり

フラワーコミックスαプチコミ
鎌倉けしや闇絵巻 〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月20日 08時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 182p
  • 商品コード 9784091377487
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

お金で記憶が消せるとしたら、どうする?

鎌倉に古くから続く奥乃院家…その実態は、人の記憶を消す事を生業とする一族「鎌倉けしや」。けしやは人の記憶に潜り滅止を行う「ケシ」、ケシの意識を現実世界に戻すための「トメ」、ケシとトメを外敵から守る「ゴ」の三位一体で臨む業。
奥乃院家では若き蒼が当主となった後、偶然町中で会った普通の女子高生・菜乃葉に「トメ」の素質を見いだす。菜乃葉は、蒼と共に人の記憶に潜るうち、この世には「生きていられない程の記憶」が存在することを知り、そして心の傷に果敢に挑む蒼に惹かれていく…

巨匠・赤石路代が描くミステリアス・ヒューマンドラマ!

【編集担当からのおすすめ情報】
「鎌倉けしや」の他にも、「京都けしや」「江戸けしや」など、けしやは各地に存在する…「鎌倉けしや」が活躍し、蒼と菜乃葉の恋が進む中、敵か味方か他家のけしやが暗躍し始め…!?物語の壮大なスケールが展開し始める第2巻、1巻と合わせて是非どうぞ!美麗なる和男子のカバーも注目です!


赤石 路代[アカイシ ミチヨ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nyaoko@キジトラ年だぞ🐈

35
赤い夕焼けと蛍の小道が良かったなぁ。どっちも親子の話。そして間に入る鎌倉スイーツがたまらない。2015/11/22

夜の女王

10
「ゴ」が加わり、やっと3人揃った「けしや」。蒼と菜乃葉がカップルに。「けしや」が鎌倉以外にもあって、東京の「けしや」がヤバそう。悪役が出てきて、「天よりも星よりも」みたいな展開になって来たが、話は「天星」の方が面白い。鎌倉スイーツが食べたい!2020/07/30

まぁねぇ

5
「ケシ」「トメ」「ゴ」の3人がそろった鎌倉けしや。東京けしや改め江戸けしや。一話一話の物語はとても楽しめるのに、細かい設定がご都合主義になっている・・・・まあ面白いからいいか2018/12/27

へへろ~本舗

5
「ゴ」が出てはきたけど…なんか二人に対して軽い存在のような、本命が出てくるまでの繋ぎの印象が否めない。だって一巻のあのトンビは何の伏線だったんだろ?鎌倉スイーツが色々出てくる。2016/08/10

チューリップ

3
ライバルっぽい男キャラになるのかなと思ったらそうでもなくむしろそれきっかけで交際開始みたいになっていてちょっと驚いた。でも付き合い始めても雰囲気とか関係性が劇的に変わっていないのは良いなと感じた。ゴがいないという話だったけどさらっと登場して3人揃うように。女優さんの話とか記憶を消したフリをした母親の話とか好きだった。2021/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9832221

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。