フラワーコミックス ベツコミ<br> Basara 〈22〉

電子版価格 ¥462
  • 電書あり

フラワーコミックス ベツコミ
Basara 〈22〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 181p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091372826
  • Cコード C9979

出版社内容情報

文明が滅び、300年が経過した日本の白虎の村に戦う宿命を背負った少女・更紗が生まれた…!! 愛と冒険のジパング伝説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

椿

17
まさか、太郎ちゃんがこんなことになるとは…。ショックだ…。2016/08/29

せ〜ちゃん

15
★★★★★ 瓦版屋の太郎ちゃんがっ! 死しても尚、大老の暗躍を伝えようとする天晴れさ。 太郎ちゃんと揚羽のお陰で、大老の陰謀は失敗に終わったのだが・・・。 ここで朱里の真意が明らかになる。 何とも潔い朱里だが、師でもあった柊との戦いに片腕を落とすという惨劇!!2014/09/10

お昼寝ニャンコ

13
電子書籍本。この巻ほど、無かった事にしたい巻は無かった。太郎ちゃん、どれだけ無念だったろう…(>_<)。八千代の虚しい抗議の絶叫が胸に突き刺さるようだった。揚羽の哀しみ、苦しみが押し寄せてきて、読んでいて本当に切なかった。次から次へと情報の隠し紙が出てきたのが流石。太郎の情報屋としての技量が最高だったと判る。死してなお、ちゃんと揚羽に情報をもたらしたのだから…(>_<)。朱里の本心が私の思っっていた通りで本当に嬉しい。《タタラのために》…の言葉のもとに柊との死闘。ラストは衝撃と涙で一杯でした。2016/09/29

枯伍

11
殺されながらも石榴計画の全貌を遺した太郎ちゃん。戦いながらもお互いの心を確かめ合っているかのような赤の王とタタラ。空から降りそそぐ瓦版。発動する石榴計画。浅葱はここで白の王に見切りをつけたのかなー。――味方のはずの萩原の兵に襲い掛かられる国王軍。そんな中赤の王の笑いが響く。ドラマチックだねぃ。柊との一騎打ち、四道や更紗との想い出が走馬灯のように走り、亡き四道の代わりに今帰仁が降ってくる。赤の王から目を離せない一冊です。2017/06/23

002

7
あー五郎ちゃん‥!誰が歴史に残すんだよー!そして、朱理の思惑が明かされるが、一番王家を考えていたのは朱理ってセリフに泣かされたーあー朱理大丈夫かなー!!2015/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552461

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。