少年サンデーコミックス<br> うえきの法則 〈5〉

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

少年サンデーコミックス
うえきの法則 〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 177p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091263452
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

自分勝手な神様たちの気まぐれから“ゴミを木にする能力”を与えられた中学生・植木耕介が、同じように色々な能力を授かった者たちと闘うアクション・コメディー。

▼第39話/意外な勧誘▼第40話/入団▼第41話/無理だ!▼第42話/空からの贈り物▼第43話/強大なる決意▼第44話/一ツ星▼第45話/神器▼第46話/自白▼第47話/ドン,ザ・パワフル●主な登場人物/植木耕介(火野国中学1年生。自分でゴミと認識した物を木に変える能力をコバセンによって与えられた。100人の神候補たちによる神の座を賭けたバトルで優勝を目指している)、森あい(植木のクラスメイト。植木が巻き込まれたバトルを知り、彼の“才〔ざい〕”を守ると決めた)、小林先生(火野国中の教師で、次期神候補の一人だった男。正義にこだわり植木に能力を与えたが、ロベルト戦でルールを犯して植木を助けてしまったため、地獄に堕ちた。通称・コバセン)●あらすじ/植木の前に、明神太郎という少年が現れた。彼はロベルト十団の一員だ。だが太郎は植木と闘う気はなく、逆にロベルト十団に入れと言う。そしてなんと植木は、その勧誘にうなずいてしまった。激怒するあい。だが植木の真の目的は、ロベルト十団を内部からぶっ潰し、ロベルト・ハイドンを倒すことだった(第39話)。●本巻の特徴/植木は、彼に反感を持つロベルト十団のメンバーたちから厳しい入団テストを受けさせられるが、な