少年サンデーコミックス<br> パンゲアの娘Kunie 〈2〉

電子版価格 ¥432
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

少年サンデーコミックス
パンゲアの娘Kunie 〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 178p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091262622
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

南太平洋の小さな島国・カラバオから、かわいい女の子・クニエがやって来た。彼女の目的は日向陽のお嫁さんになること。でも陽はまだ小学生なんだけど?…!? 

▼第11話/食卓の騎士▼第12話/夜のストレンジャー▼第13話/三つ子の魂▼第14話/古城の奇人▼第15話/第三の男▼第16話/非常の訪問者▼第17話/海の牙▼第18話/ふそくの器▼第19話/ゲイルの方向▼第20話/ゲイルの災難▼第21話/街角の娘●主な登場人物/日向陽(ひなた・あきら。勉強があまり得意じゃない普通の小学5年生)、クニエ(陽のお嫁さんになるため、南の島国からやって来た女の子)●あらすじ/クニエは陽の母と姉と一緒に横浜の中華街へ食事に出掛けるが、途中ではぐれてしまう。そして謎めいた二人に、別の店に連れていかれた。彼らはどうやら日向洋一郎博士や、カラバオ周辺の生き物についての調査をしているようだ。二人のうちの一人であるシルビアと呼ばれる女性は、次々とクニエに質問をするが…。一方、南太平洋に現れた例の杭の周辺では、調査船の下に巨大な影が現れていた(第11話)。●本巻の特徴/クニエの謎を探る「ランゲルハウス財団」が登場。シルビア、サードら、財団の者たちが日本を訪れ、クニエに付きまとい始める。一方、カラバオ近海の杭の周辺では、恐竜の生き残りのような巨大生物や、不気味な怪獣が現れ始めていた。風雲急を告げる第2集。●その他の登場人