ジャンプコミックス<br> D.Gray-man 〈23〉

個数:
電子版価格 ¥501
  • 電書あり

ジャンプコミックス
D.Gray-man 〈23〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月18日 20時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 192p
  • 商品コード 9784088703923
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

「14番目」を知るため、教団を離脱し行方を晦ませたアレン!! ノアと教団、そしてアポクリフォスから追われる身になったアレンの行く先とは!? 一方、戦いの呪縛から逃れたはずの神田が教団に帰還し、再び六幻を手にする…!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エンブレムT

59
前巻を読んでから間が空きすぎたから?敵味方入り乱れて登場人物が多いから?連載中に絵柄が変わりまくったから?単に私が師匠と神田にしか興味がないから?『誰が どこで 何をしているのか』が把握しきれなかったです。でも、そういった情報は「面白さ」っていうものとは別ものなんだろうね。「よくわかんないな」と思いつつも、綺麗だったり格好良かったり色っぽかったり可愛かったりする神田をたくさん見れたので、満足度はすこぶる高かったのですwお気に入りシーンは、リナリーの手からごっくんのトコと、アレンに泣かれて狼狽えるトコです♪2014/01/09

りんりん

26
ラビ頑張れ…(笑)。本編は、何だか数巻ぶりに読みやすくなった!と感じたのは画面に色が出てきたからでしょうか。もう残りの命が少ない神田が戻ってきて、そしてアレンの為に力を尽くしてくれている。それは表には出ないけれど、必死に戦っているアレンを今度は救う為に戻ってきたんだよなぁ。バカンダにモヤシ!の言い争いが懐かしかったです。2012/05/20

もずく

23
表紙と帯からもわかるように神田帰還!おかえりっ、と心から声にしたい。彼の美人っぷりは相変わらずで、さらにアルマとの時間を経たことで人間らしさがすごくすごく感じられました。ますます魅力的になった気がします。そしてジョニー!彼がここまでやってくれるとは…!あとアレンピエロが綺麗すぎて感動。今巻はアレンとクロス元帥の過去話もあったりすごく満足だなあ。買ったり借りたり気まぐれにこのシリーズ追いかけてるけど今回は買って正解。そしてどうなるの続き…!生きてるとは思ってたけどあなた何してるんですかと最後に叫ぶ。2012/04/07

ゆんこ姐さん@文豪かぶれなう

22
神田帰ってきたー!せっかく自由になったのにってリナリーは怒るけど、神田は神田で思うところがあるんだろうな。何気に数巻に及び関わってきたジョニーはアレン探しのために教団を抜ける。。そのことにも、いろんな人のいろんな気持ちがあってなんとも…。神田も協力してくれてるし。それにしても目覚めるやら目覚めないやらで不安定なアレンだなあ…2016/07/25

急いで突厥

21
おう、まだ続いてたんだ的な23巻。ジョニーが献身的過ぎて涙が出てくる。2014/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4671573

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。