ジャンプコミックス<br> 奇怪噺花咲一休 〈1〉

電子版価格 ¥418
  • 電書あり

ジャンプコミックス
奇怪噺花咲一休 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784088702988
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

あるところに“とんち"問答が好きな化け物と、どんな“とんち"問答にも答える坊主がおったそうな。坊主と化け物、一人と一匹の出会いが怪異な噺を描きだす! “とんち"が織りなす奇怪譚、はじまりはじまり…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nanasi

12
「斬れる刀」と「斬れない刀」。次巻で完結です。鏡の話が一番好きです。実の利益が伴わぬ知恵なんて 何の意味もない 問答一つ解くなら 説法一つ説く方がいくらかマシさ…2013/04/17

姫苺

1
元々一休は好きだし、赤マルの読切版は面白かったので期待してたんだけど、連載になるにはまだまだ荒削りだった印象。登録ユーザー数も如実にそれを表してるなぁ…。読切時代に比べると、一休は史実の一休の無茶苦茶さに近づいてイキイキしてたし、ヒロインのキャラもよかったけど、やはり「とんち」をテーマに毎週連載をするのは苦しかったかなぁ。黒烟病でダブルアーツを連想した…。作画も若い人だし、まだ上達すると思うので次作に期待。2012/05/03

じょり

1
読み切りのころから好きなマンガが本になるのは嬉しいねぇ。この手はSQ向けな気がするけど、続いてほしいなぁ。2011/09/09

高石友広

0
これも惜しかった。 当時のジャンプ層にうけなかったですね。

ユキハル

0
読み切りも連載も本誌で読んでたけど息子も気に入ってたし買い?でも読み切りの話のがいいかも。2013/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4026819

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。