みにろま君とサバイバル―世界の子どもと教育の実態を日本人は何も知らない

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

みにろま君とサバイバル―世界の子どもと教育の実態を日本人は何も知らない

  • 谷本 真由美【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 集英社(2021/07発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 75pt
  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年11月29日 15時39分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087817058
  • NDC分類 302
  • Cコード C0095

出版社内容情報

これからの時代、絶対知っておくべき、
世界では常識、日本では非常識なトピックが満載!
英国在住の日本人有名ツイッタラー「めいろま」こと谷本真由美氏による、
息子みにろま君(愛称)が生まれて初めてわかった、
海外と日本とでは驚くほど異なる教育事情、子育て環境の赤裸々レポート。
コロナでわかった真の国力と教育の重み、
新興国の富豪の過酷な教育方針はなぜか、多国籍な言語環境に放っておけば、
マルチリンガルなグローバルエリートに育つわけではないなど、
日本で暮らす日本人の親子が全然知らない本当の情報がわかります。
ベストセラーシリーズ『世界のニュースを日本人は何も知らない』の、
子育て版ともいえる本!

<目次>

はじめに
第1章 子供を持つことで社会の見方が変わった
第2章 海外では……は真っ赤なウソだった!
第3章 子供の人権、それはどこ?
第4章 コロナで暴かれた海外の現実
第5章 バイリンガル教育の実践
第6章 100マス計算が否定される国
第7章 子供を国際人に育てるには?
終わりに――みにろま君にひとこと

【著者プロフィール】
谷本真由美(たにもとまゆみ)
1975年神奈川県生れ。著述家、元国連専門機関職員。英国在住の日本人有名ツイッタラーめいろま(@May_Roma)として、かねて時事や文化、ビジネスに関し、数々の舌鋒鋭いツイートを展開している。数年前に息子のみにろま君(愛称)が生まれ、子育て事情の情報発信も増えた。日本、英、米、伊など世界各国での就労経験がある。米国シラキュース大学大学院にて国際関係論および情報管理学修士を取得、ITベンチャー、コンサルティングファーム、国連専門機関、外資系金融会社を経て、現在はロンドンに住む。近著に『世界のニュースを日本人は何も知らない』『世界のニュースを日本人は何も知らない2 未曽有の危機の大狂乱』『日本人が知らない世界標準の働き方』など。

内容説明

息子が生まれて180度変わった!進め!身もフタもなき世界を!めいろまグローバル子育て必勝論!

目次

第1章 子供を持つことで社会の見方が変わった
第2章 海外では…は真っ赤なウソだった!
第3章 子供の人権、それはどこ?
第4章 コロナで暴かれた海外の現実
第5章 バイリンガル教育の実践
第6章 100マス計算が否定される国
第7章 子供を国際人に育てるには?

著者等紹介

谷本真由美[タニモトマユミ]
1975年神奈川県生れ。著述家、元国連専門機関職員。英国在住の日本人有名ツイッタラーめいろま(@May_Roma)として、かねて時事や文化、ビジネスに関し、数々の舌鋒鋭いツイートを展開している。数年前に息子のみにろま君(愛称)が生まれ、子育て事情の情報発信も増えた。日本、英、米、伊など世界各国での就労経験がある。米国シラキュース大学大学院にて国際関係論および情報管理学修士を取得、ITベンチャー、コンサルティングファーム、国連専門機関、外資系金融会社を経て、現在はロンドンに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すしな

15
114-21.イギリス在住で、ラジオに出演されてるのを耳にして、面白い方だなと思って読んでみました。日本人ってよそに比べてかなり守られているのですね。一般的に日本人が真面目ていられるのは、真面目に生きてても損をしない文化だからなんだなと。テレビや旅行で行って見られる外国はきれいな部分で、この本では、あまり知らされていない闇を知ることができます。外国で生きていくってやっぱしんどそうですけど、とりあえず国内の日本人が平和を謳歌できるのは、先人が必死に守ってくれてたおかげだなと思いました。 2021/10/14

ぺんぐぃん

2
日本は小学生が安全に子供だけで登校できる治安の良さ、安全な水が料金を支払わなくても供給される事(電気・ガスは止められても、水道は止められない)等特殊で恵まれた環境であることは知っている。そしてそれは日本がなんと独特な国だろうと思う。日本以外の教育も「自分が一番」と小さいころから叩き込まれたら、そう思い込むのは当然だろう。それはグローバルスタンダードかもしれないが、自国第一主義であり、世界を分断してしまう。極東の島国日本は性善説で人を信じることができるが、今はそうできる幸せを感じさせてくれた1冊である。2021/10/26

ねこ

2
★★★★★非常に面白かった!日本は全国民の平均値を上げる教育法。アメリカ、イギリスなどは頭の良い人だけを選り分け教育し、その他は捨てる教育法。普通の人にとっては日本式のほうが良い。全国民がそれなりに平均値に近いほうが皆で文化をワイワイ楽しめる。海外と日本の教育の違い、移民が多いということがどういうことかなど、興味深いテーマで面白かった。2021/10/06

masabox

1
こう言うエッセイ的なモノに国際的な違い。外からと言うか、外に触れる状態でこそ見えるニホンと言うのは、少し流行なんでしょうね。とは言え、子育てであったり、大きく変わる状況で見えてくるものが変わるとか、国によっての違いって、どう冷静に文字にするかってのは難しいですよね。そのうえで、パッション的なアツい想いも乗らないと伝わらないですし。いくつか読むと多面的に見えるものもありますよね。2021/10/29

vivi

1
★★★☆☆2021/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18226933

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。