もう、だまされない!近藤誠の「女性の医学」

個数:
電子版価格 ¥1,123
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

もう、だまされない!近藤誠の「女性の医学」

  • 近藤 誠【著】
  • 価格 ¥1,404(本体¥1,300)
  • 集英社(2015/01発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 26pt
  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月07日 06時48分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087815498
  • NDC分類 495

内容説明

女性のみなさん、医者の食いものになってはいけません。健康に長生きするために、知っておくべき女性の医療の落とし穴。

目次

第1章 僕の“反乱”は乳がん治療から始まった
第2章 なぜ、女性のほうが医療の犠牲になりやすいのか?
第3章 犠牲にならないために知っておくべき医療の落とし穴(キレイの代償は高くつく?;サプリを飲んでも若返らない;ぽっちゃりさんのほうがキレイで長生き ほか)
第4章 元気で長生きするための10か条(健診・検診はボイコット。病院には近づかない;“クスリ漬け”から脱却する;卵と牛乳で「貯肉」に励む ほか)
第5章 僕が出会った患者さんたち(子宮頚がんで放置療法を選択し8年目。「治療しないことは、人生を放棄することではありません」;夫婦二人三脚でたどり着いた放射線治療。「早期発見されなかったからこそ、命拾いしました」;21年前、全摘といわれた乳房を温存療法で手術。「好きなことは先送りにしないと決めました」)

著者紹介

近藤誠[コンドウマコト]
1948年生まれ。73年、慶應義塾大学医学部卒業。同年同大学医学部放射線科入局。79~80年、米国へ留学。83年より同大学医学部放射線科講師をつとめ、当時、日本では行われていなかった乳がんの「乳房温存療法」を提唱し、医療界から猛反発を受ける中、普及させる。2012年、「乳房温存療法のパイオニアとして、抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、がん治療における先駆的な意見を、一般人にもわかりやすく発表し、啓蒙を続けてきた功績」により「第60回菊池寛賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

医者の言いなりにならず、自分で考える医療を提案し続ける反骨の医師・近藤誠が、医者やクスリや誤った思い込みに惑わされずに、女性が元気に長生きするヒントを提唱する。一家に一冊。全女性必読の書。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件