愛する伴侶(ひと)を失って―加賀乙彦と津村節子の対話

個数:
  • ポイントキャンペーン

愛する伴侶(ひと)を失って―加賀乙彦と津村節子の対話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 17時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 164p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087815207
  • NDC分類 914.6

内容説明

最愛の伴侶に先立たれた二人の作家が辛く苦しい胸のうちと、それをどう乗り越えていくのかを語り合う。時を経てもなお癒えぬ悲しみと、いかに向き合って生きていくか。万人の胸に迫る、切なくも温かい対話。

目次

第1章 出会い
第2章 死の病
第3章 伴侶なきあと

著者紹介

加賀乙彦[カガオトヒコ]
1929年東京都生まれ。小説家・精神科医。東京大学医学部医学科卒業。主な著作に『フランドルの冬』(芸術選奨文部大臣新人賞)、『宣告』(日本文学大賞)、『永遠の都』(芸術選奨文部大臣賞)、『雲の都』(毎日出版文化賞特別賞)など。日本藝術院会員、2011年度文化功労者

津村節子[ツムラセツコ]
1928年福井県生まれ。小説家。学習院女子短期大学国文科卒業。主な著作に『玩具』(芥川賞)、『流星雨』(女流文学賞)、『智恵子飛ぶ』(芸術選奨文部大臣賞)、『紅梅』(菊池寛賞)など。日本藝術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

妻を失った夫と夫を失った妻…。最愛の伴侶に先立たれた二人の作家が辛く苦しい胸のうちを明かす。時を経てもなお癒えぬ悲しみと、いかに向き合っていくか。万人の胸に迫る、切なくも温かい対話。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件