• ポイントキャンペーン

時計遺伝子ダイエット―なぜ午後6時の夕食は太らないのか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 158p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087815108
  • NDC分類 493.12

内容説明

働く大人が今日からできる。食べる時間と順序を変えるだけ。思いっきりラクしてメタボ即脱出。時間でやせる最新科学を、あの女子栄養大学の香川靖雄先生がわかりやすく伝授。

目次

第1章 なぜ、あなたはやせないか(食べていないのに、太る;「時計遺伝子」が見つかった ほか)
第2章 「時計遺伝子」でやせる(理想的な一日;夕食は夕方の六時にとるのが理想 ほか)
第3章 時計があえば、心身が変わる(朝ごはんを食べると成績が上がる;「早寝・早起き・朝ごはん」 ほか)
第4章 誰でも「時間」でやせられる(現代人の「時間」は乱れている;「時間」の乱れはコントロールできる ほか)
第5章 「時計」はもう一つある(朝食の欠食の結果は五〇代になって表れる;砂時計型の「テロメア」の発見 ほか)

著者紹介

香川靖雄[カガワヤスオ]
1932年東京生まれ。1957年東京大学医学部卒業。聖路加国際病院、東京大学医学部生化学助手、米国コーネル大学生化学分子生物学客員教授、自治医科大学生化学教授などを経て、女子栄養大学副学長、自治医科大学名誉教授。専門は生化学、分子生物学、人体栄養学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

アイドルはもうみな6時前に食べてる!?
食べる時間、食べる順番を変えるだけでやせる。夢のダイエットの秘密はだれもが体内に持つ時計遺伝子をリセットすること。最新の生命科学でわかった決定版ホントのラクやせメタボ脱出法!