iPS細胞ができた!―ひろがる人類の夢

個数:
  • ポイントキャンペーン

iPS細胞ができた!―ひろがる人類の夢

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 19時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 166p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087813951
  • NDC分類 463

内容説明

ヒトの皮膚細胞から、様々な細胞になれるように遺伝子をウイルスで運ばせて作った夢の万能細胞!世界が注目世紀の偉業。

目次

第1話 iPS細胞が動いた
第2話 iPS細胞とは
第3話 険しかった道のり
第4話 4つの遺伝子の謎
第5話 なぜウイルスを使うのか
第6話 克服しなければならない課題
第7話 ひろがる人類の夢
第8話 研究者への道

著者紹介

山中伸弥[ヤマナカシンヤ]
1962年大阪生まれ。1987年神戸大学医学部卒業。国立大阪病院臨床研修医(整形外科)を経て’93年大阪市立大学大学院医学研究科修了。米グラッドストーン研究所博士研究員。日本学術振興会特別研究員。大阪市立大学助手。奈良先端科学技術大学院大学助教授および教授を経て2004年より京都大学再生医科学研究所教授。2008年同大学のiPS細胞研究センター長に就任

畑中正一[ハタナカマサカズ]
1933年大阪生まれ。京都大学医学部卒業。アメリカ国立衛生研究所主任研究員、パスツール研究所客員教授を経て、1980年京都大学ウイルス研究所教授。1991年京都大学ウイルス研究所所長。1995年シオノギ医科学研究所所長。1997年塩野義製薬(株)代表取締役副社長。2000年~04年同相談役。京都大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

iPS細胞作製成功で世界に衝撃を与えた山中教授が、今日に至る心のうちを語る。
自らの細胞を使う治療が可能に! 夢の細胞=iPS細胞を作り出し、今注目を集めている京大の山中伸弥教授と、京大のウィルス研究所所長でもあった畑中正一名誉教授が、その可能性と課題を語り明かす。