• ポイントキャンペーン

だきしめてスローラブ―ゆるやかにしなやかに男と女の性と愛

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087813432
  • NDC分類 914.6

内容説明

『オニババ化する女たち』の三砂ちづるとスローライフやLOHASの辻信一が語り起こす、心とからだのスローラブ。

目次

第1章 お産って愉しい
第2章 産む人産まない人
第3章 身体と向き合う
第4章 タッチ・イズ・ラブ
第5章 スローの愉しみ
第6章 いいセックスをしよう

著者紹介

辻信一[ツジシンイチ]
文化人類学者、環境運動家。1952年東京都生まれ。1977年に北米に渡り、さまざまな職業に従事しながらカナダ、米国の諸大学で哲学、文化人類学を学び、Ph.D(人類学博士、コーネル大学)を取得。1991年帰国。現在は明治学院大学国際学部教授。1999年、NGO「ナマケモノ倶楽部」を設立、以来、「スロー」をキーワードに環境=文化運動を展開。「でんきを消して、スローな夜を!」と呼びかける「100万人のキャンドルナイト」の呼びかけ人代表

三砂ちづる[ミサゴチズル]
疫学者ロンドン大学Ph.D(疫学)。同大学衛生熱帯医学院研究員、およびJICA(国際協力事業団、現・国際協力機構)で疫学専門家として約15年間海外で疫学を研究、国際協力活動に携わる。2004年まで国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)に勤務、応用疫学室長を務める。現在は津田塾大学国際関係学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)