本当の戦争―すべての人が戦争について知っておくべき437の事柄

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087734102
  • NDC分類 391
  • Cコード C0098

内容説明

2002年度ピューリッツァ賞を受賞したニューヨーク・タイムズの記者が、15年間、戦場特派員として体験した、戦場のすさまじい姿を伝えるQ&A集。

目次

1 戦争についての基礎事項
2 軍隊にはいっておこなうこと
3 戦場ではどんな状態が待っているか
4 戦場で負傷したらどうなるか
5 大量破壊兵器―核兵器、化学兵器、生物兵器
6 戦闘中に体験すること
7 敵に捕われる―拘禁、拷問、レイプ
8 戦争で死ぬということ
9 戦争が終わった後の日常生活

著者紹介

ヘッジズ,クリス[ヘッジズ,クリス][Hedges,Chris]
アメリカ合衆国ヴァーモント州出身。コルゲート大学英文学科卒業、ハーヴァード大学大学院神学科修士課程修了。ダラス・モーニング・ニュース紙、クリスチャン・サイエンス・モニター紙などの記者を経て、1990年からニューヨーク・タイムズ紙記者として現在にいたる。15年間にわたり、中東のウェストバンクやガザ地区、イラク、サラエヴォ、コソヴォなど、紛争地の海外特派員をつとめる。国際テロリズム取材班のひとりとして2002年度ピューリッツァ賞受賞。ニューヨーク在住

伏見威蕃[フシミイワン]
1951年東京生まれ。早稲田大学商学部卒業。翻訳家。推理作家協会、冒険作家クラブ会員