ブルカ沈黙の叫び―スペイン女性が見たアフガニスタンの真実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087733631
  • NDC分類 302.262
  • Cコード C0098

内容説明

本書は著者が体験した完全な記録であり、またアフガニスタン難民の悲劇を伝えるためにスペイン中を巡った、著者の告発への固い意志の証でもある。

著者等紹介

トルタハーダ,アナ[トルタハーダ,アナ][Tortajada,Ana]
スペインのカタルーニャ地方のサバデルに生まれる。20歳の時にドイツに移り住んで4年間を過ごし、大学でスペイン文献言語学を修める。帰国後は文学作品の翻訳、様々なメディアでの執筆、ラジオ出演などの活動を行う。最近、若者向けの小説「世界の十字路」を発表し、現在は演劇脚本を2本執筆中

幡真由美[ハタマユミ]
東京生まれ。神奈川大学外国学部スペイン語学科卒業。スペインのマドリッド大学留学。出版社、貿易会社に勤務したのち、フリーランスの通訳、翻訳、語学講師をつとめる。1991年、通訳・翻訳・コーディネート会社(株)アクシアルを設立
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けい

0
パキスタンから日本に入ってくる人が多かったあのころ、アフガニスタンとパキスタンにこんな背景があったのか。自分があまりに無知だったことを恥ずかしく思う。アイデンティティーや文化の継承のためには学校という場が大切。 数年前にふらっと入った『黄金のアフガニスタン』展のキャッチコピーの重みに今更ながら心が震える。 『自らの文化が生き続ける限り、その国は生きながらえる。』2019/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/202177

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。