• ポイントキャンペーン

ヴェネツィア―水の迷宮の夢

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 151p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087732399
  • NDC分類 934
  • Cコード C0097

内容説明

本書は、アメリカ亡命後の72年から17年の間、ほとんど毎年のようにヴェネツィアを訪れた詩人の、ヴェネツィア滞在の印象記。彫琢された、美しい文章の、散文詩のような51の断章からなる。ヴェネツィアの水と光をモチーフに、多くの隠喩やアフォリズムを織り込んだフーガのような作品。ノーベル賞受賞作家の小説、本邦初紹介。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

143
著者のブロツキーはロシア系アメリカ人で、1987年のノーベル文学賞受賞者。さて、本書は小説ということにはなっているのだが、プロットらしきものはまったくない。17年間冬のヴェネツィアに通いつめた著者が、その迷宮をさ迷い思索した記録がこれだ。トーンの全体は薄明、あるいは夜の中、また昼間でも濃い霧に覆われていたりする。水路にひたひたと打ち寄せる静かな波や、ラグーナの匂いなどを彷彿とさせる筆致だ。明るい夏の陽光の中にあるのとは、いわば対極的なヴェネツィアだ。冬のヴェネツィアの憂愁はまことに深い。2012/12/30

新地学@児童書病発動中

121
ノーベル文学賞を受賞した露の詩人がヴェネツィアに捧げる一冊。巧緻で陰影に富んだ文章が印象的で、作者の第二言語である英語で書かれたことに驚いた。本文に芥川龍之介が好きなことが書かれているは芥川好きとしては嬉しかったが、ブロツキーの書く文章も芥川龍之介同様にシニカルなところが多い。ただしシニカルな態度が後退して、ヴェネツィアに対する愛情を述べるときは文章自体が詩情を帯びて、多くの人を惹きつけるこの街のように美しくなる。水と音楽を同じものとして描く文章などには、詩人の感性の魔法を感じた。2015/09/01

マリカ

35
「総じて、愛というのは光速で現れ、そして別離は常に音速でやってくる。」 毎日2、3章ずつ読んだ。1つ1つの短い章がまるでヴェネツィアを地図を見ないで歩いているときにふと目に留まる美しい街角1つ1つのよう。帯の池澤夏樹の、「毎晩少しずつ」という助言が正しいことを知る。この小説を一度に飲み干してしまうと、文章のあちこちに散りばめられた表現の美しさがかえって濃厚な毒となるだろう。ブロツキーの描くヴェネツィアは架空の美しい都市のような気がしてしまう。果たしてこんなに美しい都市がこの世にあるだろうか。2012/09/11

ぞしま

13
面白かった。ブロツキーは非常にあまのじゃくな方なのだろうと想像する。皮肉屋というか。しかし、確かな眼力に裏打ちされたヴェネツィア讃歌には目を見張るばかり。幻想的な冬のヴェネツィアのヴァポレットからの風景に夢見心地な思いを抱いた。ウンベルト・サバ、エズラ・パウンド、スーザン・ソンタグなど、著名人の記述もあり、興味深い。須賀さんもこの本を読み、「不治の病人河岸」"フォンダメンタ・デッリ・インクラービリ"にまつわる旅に出るのだった。再読しよう。2016/07/19

fonfon

13
この書物も美しい。「水」は時間。「光」は記憶。ブロツキイにますます惹かれる。故金関寿夫先生訳。附記を読み涙。。これが最後の翻訳書であったとは。。2011/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/513482

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。