サーカスが通る

サーカスが通る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 185p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087732146
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

その恋は突然の事情聴取から始まった。なぞの女、ジゼルとぼく。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

173
「失われた時」への回想と悔恨の物語。18歳だった「ぼく」は、1人の女と出会う。最初は彼女の名前すらわからない。その周縁にいる人物も謎めいた人たちばかりだ。それから30年が過ぎた今、まさにこの物語が書かれている。回想は時に重層的であり、15歳のぼく、あの時から10年後の再訪のシーンなどが紛れ込む。ジゼルと過ごした、ほんの数日の間に訪れたパリのあちこちの場所が鮮やかに回想され、ぼくの深い後悔とともに語られるが、その間の空白期に、ぼくはどこにいたのだろう。その空白こそが最も小説的な空間であるのかもしれない。2014/11/21

南雲吾朗

57
十代後半、危険とerosに強く惹かれる年代。根拠の無い自信、必要以上に張る虚勢、脆さ。経験の少なさから読みが甘くなり痛い目に合う。後悔しても取り返しのつかない、掛け替えのないモノの喪失。「もし時間を遡ってあの部屋に戻ることができたなら、僕は電球を交換したいと思う。いや、明るい光のもとでは、すべては消え去ってしまうのかもしれない。」心に浸みる読後感だった。2019/09/24

kthyk

15
この小説はモディアムの十代の生活の地であったシテ島周りの六区が中心となり描かれる。彼はこの小説を「オートフィクション」と説明する。自伝(オートビオグラヒィー)でも小説(フィクション)でもなく、自らの人生をフィクション化しているということだ。自らの人生をフィクション化した作家なら、「夜明け前」「新生」を書いた島崎藤村。彼は新旧二つの世界とその狭間を生きる人々を描いていくことで、実なる時空間をフィクション化いていた。自意識過剰の個人的内面を描いた「私小説」とは大きく異なっている。ー>2020/12/14

弟子迷人

14
邦訳がこちらになります。2014/10/10

ぞしま

11
良かった。ほんの一瞬の疑いだったり嘘。 他作でもよくあるモチーフだけど、著者の作品にある「向こう見ずでも(あなた)と共に生きていこう」という強迫的(?)とすら映る在り方は読むたびに胸打たれる。 若いときに読んでいたかった。 モディアノ作品の中では、かなり直球的な切なさ(この表現が正しいかどうかわからないが)と言えるかも。2021/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21991

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。