デイヴ・バリーの日本を笑う

  • ポイントキャンペーン

デイヴ・バリーの日本を笑う

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087731873
  • NDC分類 934
  • Cコード C0097

内容説明

実用派コラムニストがかいま見た“日出づる国”の真実を満載。綿密な3週間取材により書き下ろした話題の書。アメリカ全土をチョッピリ震撼させた衝撃的知見の数々。〈クリントン世代〉のジャーナリズムの旗手、おおいに語る。

目次

本書執筆の背後にあるもの、すなわちテレビの暴力
日本語が五分間で話せる(はずがない)―「とてもたくさんおはようございます」
異質にして精妙な文化への適応―おじぎ、おなら、その他いろいろ
東京で迷子になる―プラスチックのイカを求めて
日本の伝統芸術―いかにしてわたしは祖母と結婚したか
日本の産業界の秘密―ふーむ、書き留めておくべきであった
日本のロック・ミュージック―十人一色、同じ服着て、同じノリ
日本のユーモア―食いねえ、食いねえ、豆腐食いねえ
日本のスポーツ―「よう、バッター、か~んとかっとばせ!」
日本の宿屋―やすらぎ、静けさ、虫の声
ヒロシマ
日本の田舎―旅人の地獄 これで八つめ
富士山に登る―(ただし中腹まで)(しかもバスで)(そのうえ、あれが富士山だったという確証もなく)