エクスタシー

エクスタシー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087728941
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kazu.S

6
b and bにてタイトルから読み始め。ゴッホ展を見にいったその日に、たまたま手に取った本の一行目が「ゴッホがなぜ自分の耳を、切ったかわかるかい?」なんてことあるかい?読みながら、嗚呼久しぶりの村上龍作品だと強く思う。登場人物は体力溢れる人達だけど、この作品を書いた村上龍さんの体力に感服。。2020/02/19

白猫の単語

4
これはスゴイ。冒頭から衝撃の結末まで絶えず緊張を強いられ体力、気力ともひどく消耗してしまった。どれだけエネルギーのある作家なんだろう。エクスタシーやコカインで恍惚に達し、素面に戻れば自分に失望し自分を罰する。それも束の間で、より強い刺激を求めて人は暴走する。ドラッグやSM、芸術の世界に生きる人達だけでなく普通の人も。究極が戦争。「恐怖心は、想像の中にあるだけでその事態に身を置いてしまえば怖くなくなる」「人格がこの世の中を生きづらくしている、人格を剥ぎ取られた奴隷はむしろ生きやすい」2015/09/06

dynabook77

2
要約するとこうです笑。 ニューヨーク、ダウンタウン、バウアリー、モンキー、ドラッグ、セックス、ミヤシタ、マゾヒズム、サディズム、ケイコ、エクスタシー、 「女と男じゃ、宇宙とミミズくらい違うのよ」2021/09/15

つちのこ

1
単行本新刊で購入。1993.12.5読了1993/12/25

monyu_ima_monyu

1
麻薬、セックス、サディズム・マゾヒズム。快楽とは何か、欲望とは何か。 私自身は決してそれらを日常的に用いる生活をしているわけではない。しかし、私は自分自身の欲望に対してリミットを設け、その中で自分を満たそうとしているにすぎないのではないか。そんなことでは一生充足感は得られないのかもしれない。 印象的なセリフに 「からだは絶対に快楽についていかないからね」 というものがある。確かにそうなのかもしれない。ほんとうに私たちが求めるものというのは、肉体を超えたもっと精神的な快楽なのかもしれない。2021/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562267

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。