絹の変容

  • ポイントキャンペーン

絹の変容

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784087727746
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

虹色に輝く絹織物、謎の野蚕を養殖する男と女―。あまりにも無惨な愛の代償とは何だったのか。待望の大型女性新人作家の誕生。第3回小説すばる新人賞受賞作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鱒子

51
図書館本。読友さんたちのおススメ、芋虫パニック恐怖小説です。面白いし短いので一気読み。 体長10センチか。潰し攻撃が効くなら戦えるな。得物はもちろんハエ叩き。あとは汁が飛んで来たときのためにゴム手袋、メガネ、マスク。敵の侵入を防ぐ裾ゴムの服にパーカー。よっしゃ、退治してくるᕦ(ò_óˇ)ᕤ 2018/04/18

14番目の月

26
自然の生態系を変化させることの恐ろしさが伝わる。 ブラックボックスとも通じる。 蚕という目に見える恐怖もなかなかおぞましいものがあるが、 今問題になっているエボラ出血熱など目に見えないウィルスや、変異型インフルエンザなど、パンデミックの危険はすぐそこに迫っているような気がする アレルギーの増加も心配。 人間は自然にもっと謙虚でなければいけない。 2014/09/04

ぼのり

25
バイオテクノロジーによって変異した巨大かつ凶暴な蚕。想像しただけでも気持ちが悪いけど、この手の作品は嫌いじゃない。むしろ好き^^;;本作のパニックのキッカケはちょっとしたトラブルから生まれた人災だけど、色々な生物や植物で色々な研究が行われてるのは現在では普通だろうから、似たような人的被害やパンデミックも十分起こりうる。そう思うと怖い(><) 冒頭の「すごい、まるで、レーザーディスクだ」…レーザーディスクなんて今の子達は分からないだろうなぁ〜笑《読友さんオススメありがとう!面白かった♪》(2018/086)2018/05/27

テディ

11
美しき輝く絹の話と思いきや一転グロテスクな展開に。。。一人の研究員が巻き起こした展開に驚きました。。。2012/09/01

ふぅちゃん

9
これはキビシい。今年の夏に(たまたまだけど)読んだ「夏の災厄」に設定が近いが、「夏の~」は疫病の媒介者が聞いたこともないような変な生き物(名前忘れた、カタツムリ的なやつ)で状況を想像しにくかったのに対し、蚕は姿形を知っているだけに、人為的に巨大化、雑食化され増殖していく様が妙にリアルに迫ってくる。グロ系が苦手な方にはとてもじゃないがオススメ出来ない。虫が苦手な人も、ムリだろう。2015/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/456994

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。