心淋し川

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

心淋し川

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月25日 19時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 242p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087717273
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

【第164回直木賞受賞作】

「誰の心にも淀みはある。でも、それが人ってもんでね」
江戸、千駄木町の一角は心町(うらまち)と呼ばれ、そこには「心淋し川(うらさびしがわ)」と呼ばれる小さく淀んだ川が流れていた。川のどん詰まりには古びた長屋が建ち並び、そこに暮らす人々もまた、人生という川の流れに行き詰まり、もがいていた。
青物卸の大隅屋六兵衛は、一つの長屋に不美人な妾を四人も囲っている。その一人、一番年嵩で先行きに不安を覚えていたおりきは、六兵衛が持ち込んだ張形をながめているうち、悪戯心から小刀で仏像を彫りだして……(「閨仏」)。
裏長屋で飯屋を営む与吾蔵は、仕入れ帰りに立ち寄る根津権現で、小さな唄声を聞く。かつて、荒れた日々を過ごしていた与吾蔵が手酷く捨ててしまった女がよく口にしていた、珍しい唄だった。唄声の主は小さな女の子供。思わず声をかけた与吾蔵だったが――(「はじめましょ」)ほか全六話。
生きる喜びと生きる哀しみが織りなす、著者渾身の時代小説。

【著者略歴】
西條奈加(さいじょう・なか)
1964年北海道生まれ。2005年『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノべル大賞を受賞し、デビュー。2012年『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞、2015年『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞。近著に『亥子ころころ』『せき越えぬ』『わかれ縁』などがある。

内容説明

不美人な妾ばかりを囲う六兵衛。その一人、先行きに不安を覚えていたりきは、六兵衛が持ち込んだ張形に、悪戯心から小刀で仏像を彫りだして…(「閨仏」)。飯屋を営む与吾蔵は、根津権現で小さな女の子の唄を耳にする。それは、かつて手酷く捨てた女が口にしていた珍しい唄だった。もしや己の子ではと声をかけるが―(「はじめましょ」)他、全六編。生きる喜びと哀しみが織りなす、渾身の時代小説。第164回直木賞受賞。

著者等紹介

西條奈加[サイジョウナカ]
1964年北海道生まれ。2005年『金春屋ゴメス』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2012年『涅槃の雪』で中山義秀文学賞、2015年『まるまるの毬』で吉川英治文学新人賞を受賞。時代小説から現代小説まで幅広く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

684
江戸の片隅、川の流れが淀み、夏場にはその澱みが腐臭さえ漂わせる土地。そんな土地の長屋に、その川の淀みのように住まう人々の物語。微妙に登場人物が連鎖していく構成も大好物だ。他の作家と比較されるのは作家さんとしては本意ではないと思うが、宇江佐真理さん亡き後、追いかけたい作家さんを見つけられた思いである。2021/02/26

starbro

673
直木賞候補作になってから、図書館に予約したので漸く読めました。(2/6)西條 奈加、初読です。心町(川)周辺に棲まう市井の人々の人生・機微を描いた時代連作短編集、渋く巧い秀作、直木賞も納得です。オススメは表題作『心淋し川』&『冬虫夏草』です。通常は芥川賞受賞作よりも直木賞受賞作が売れますが、今回は渋すぎて残念ながらあまり売れなさそうです(笑)機会を見つけて著者の他作品も読んでみたいと思います。https://www.bungei.shueisha.co.jp/shinkan/urasabishigawa/2021/02/07

ひさか

531
小説すばる18年7月号心淋し川、10月号閏仏、19年1月号はじめましょ、4月号冬虫夏草、7月号明けぬ里、10,11月号灰の男、の6つの連作短編に加筆修正を加えて、2020年9月集英社から刊行。うらに心という字をあてるというところには、びっくりです。いずれも、読み応えのある連作で、面白かったです。6編目の灰の男には、前編のその後を補完する話もいくつか、出てきましたが、そこは、前編に持っていって欲しかったというか、いやいや、やはりこの位置が適切だ、連載のものはどうなっていたのかとか、考えて楽しみました。2020/12/06

射手座の天使あきちゃん

496
直木賞受賞の連作短編時代小説です。  名もない流れの行き着く先は、芥(あくた)淀んだ権現裏のその名も悲しい心淋し町 後姿の似た者同士、明日に希望はないけれど、なまじ掛けるな薄情け ドブの中でもいずれの日にか蓮の花咲く夢を見る てな感じの人情時代小説でした。上物の日本酒を飲んだ時みたいです。読むといい心持になるけど全然酔わないです(笑)2021/05/10

ホッケうるふ

433
不況前の昭和の東京には庶民の暮らす生活の隙間を縫って「どぶ川」が存在しひっそりと臭気を放ち、様々なゴミが川面を覆い尽くしていた。汚れて色彩が褪せたゴミたちはそこに辿り着く前はちゃんと人の手により生み出されそれぞれが存在価値を持っていた。無言の主張をするそれら動かぬゴミを直視できる時代は過ぎ去り、すべてのどぶ川は蓋をされ暗渠となり街は綺麗になった。そんな蓋の概念すら無い江戸の世の掃き溜めの町に辿り着き汚れ色褪せた人間たちの情感や本質をシンプルかつピュアに見つめて慈しむ視点こそ時代小説ならではの本作の真骨頂。2021/05/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16356035

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。