犬たちの肖像

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり

犬たちの肖像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月24日 00時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 339p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087715958
  • NDC分類 904
  • Cコード C0095

出版社内容情報

人間のもっとも古い伴侶にして身近な他者──「犬」。古代叙事詩から現代の小説、SFそして映画と漫画に至るまで、「犬」のイメージの変遷を辿る。博覧強記・四方田犬彦による古今東西文学エッセイ集。

内容説明

人間のもっとも古い伴侶にして身近な他者。古代叙事詩からルネッサンスの戯作、近代小説、SF、そして映画と漫画にいたるまで、犬のイメージの変遷をたどる。比較文学者にして愛犬家である四方田犬彦の、古今東西文学エッセイ集。

目次

ハーマン・メルヴィルを讃えて
乞食の帰還―ホメロス
二人の動物物語作家―シートンとロンドン
孤独の友だち―ブニュエルとセリーヌ
犬、人を襲う―鏡花、多喜二、ギャリ
四つん這いになる―ドヌーヴと金石範
犬婿入り―『後漢書』と馬琴
冥府より来りて―グラス
犬を人間にできるか―ステープルドンとブルガーコフ
犬をどう名付けるか
密談ピカレスク―セルバンテスとホフマン
犬族から遠く離れて―パニッツァとカフカ
東西名犬対決―『タンタン』と『のらくろ』
復員兵という名の野良犬―吉岡実と北村太郎
犬の眼でモノを見る―ジョイス、原将人、岡部道男、森山大道
文学的ジャンルとしての、犬の追悼
犬は人なり―谷崎潤一郎と川端康成
愛犬と闘犬―江藤淳と川上宗薫
法としての犬

著者等紹介

四方田犬彦[ヨモタイヌヒコ]
1953年生まれ。東京大学で宗教学を、同大学院で比較文学比較文化を学ぶ。明治学院大学教授、中央大学校(ソウル)、オスロ大学、清華大学、コロンビア大学、ボローニャ大学、テルアヴィヴ大学などで客員教授・研究員を歴任する。映画、文学、料理、都市論、漫画と、幅広く文化現象をめぐり健筆を振るう。サントリー学芸賞、伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件