• ポイントキャンペーン

雨宮処凛の闘争ダイアリー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087712193
  • NDC分類 366.021
  • Cコード C0095

内容説明

働く貧困層の“ジャンヌ・ダルク”として―雨宮処凛が「金持ち」とか「エラい人」にケンカを売りまくった1年の活動報告。次々に事態が「動く」のを現場リポート。

目次

07年3月21日マガジン9条参上、の巻
07年4月4日インド・IT都市の映画祭、の巻
07年4月11日都知事選終了、の巻
07年4月18日「自由と生存のメーデー07プレカリアートの反攻」、の巻
07年4月25日高円寺一揆!!、の巻
07年5月9日「自由と生存のメーデー07」、大大大成功!!!、の巻
07年5月16日「憲法」と「平和」、の巻
07年5月23日五月病か、五月革命か。福岡で「生きさせろ!」と叫ぶ、の巻
07年5月30日「右翼」と「左翼」、の巻
07年6月6日『遭難フリーター』、の巻〔ほか〕

著者等紹介

雨宮処凛[アマミヤカリン]
1975年北海道生まれ。21歳のとき、右翼団体に入会。愛国パンクバンド「維新赤誠塾」でボーカルとして活動。99年、右翼団体を脱会、同年、ドキュメンタリー映画『新しい神様』主演(土屋豊監督)。00年、自伝『生き地獄天国』(00年太田出版、07年ちくま文庫)でデビュー。現在は生活も職も心も不安定さに晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み、取材、執筆、運動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。