集英社文庫
五台山清涼寺

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 283p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087487695
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エドワード

12
引き続き中国。古代から近世まで中華王朝は何故かみな似ている。皇帝と官僚、後宮と宦官、儒教、仏教、豪傑と庶民、河北と江南。必ず英邁な皇帝と凡庸な皇帝がいる。清の康熙帝が若い頃、五台山清涼寺に度々詣でた理由は?満州という名称が文殊菩薩の音から来たものとは知らなんだ。宋の徽宗は政治的に無能だったが文化的素養に優れていた。徽宗の世の汴京の物語「紙は舞う」。モンゴル王朝、元の滅亡を暗示する「天魔舞の鐘」。卑弥呼の時代の倭国、三角縁神獣鏡の真実は案外こんなもの?笑い話のような「日鋳の鏡」。興味の尽きない隣の国の人々。2015/06/27

のんたん 

2
史実に基づいたフィクションとでもいうべき7つの短編集。陳氏の思惑通り、その時代の人々の生き様がありありと浮かんでくる。表題の『五台山清涼寺』では行方不明になった愛妾を探す男の話。最後の謎解きが幾重にも重なり読み応えがあってよかった。2018/01/14

雪の行者山@加療リハビリ中

2
 再々読ぐらいなんだけれども、何度読んでもいいですね。ちょっと手元にないので「虎たちの宝}だったと思うのですが、あれの事実の割合がぜんぜん想像もつきません。日中戦争の前から、中国空軍にイタリアが技術援助?三国同盟でそれが壊れ、後アメリカ軍がこれに変わる?アメリカ人の傭兵は、南下「エリア88」のような感じがするのは、私が{エリア88}をよく知らないからでしょうが。説明が下手で申し訳ありませんが、陳舜臣の歴史を題材に取った小説です。2013/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/125095

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。