集英社文庫<br> ロンリー・コンプレックス―私が私であるために

個数:
電子版価格 ¥440
  • 電書あり

集英社文庫
ロンリー・コンプレックス―私が私であるために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 04時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 186p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087487398
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

不幸ではないけれど、満ち足りてもいない。それなりの快適な生活をしてはいるけれど将来を考えると漠然とした不安を感じたりして。生きがいを見つけたい、恋愛したい、結婚もしたい、でもこの先わたしはどうなるんだろうか。希望と不安をかかえて20代を生きてきた著者が、同じような思いを抱くあなたに答えます。すべてのシングル女性たちに贈る等身大のエッセイ。

目次

第1章 私は求めていた
第2章 彼女は呟いた
第3章 人は語り合う
第4章 誰もが感じてる
第5章 みんなが囁いてる

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yuki

9
最初に書いた別の本が古く感じて書き直されたというこの本。この本も、書かれたのは20年弱前になるのですね。今はこの頃に増して、女性の社会進出が進んでいるような気も。いつの時代もどんな状況でも、孤独と向き合うことは大切なことだと思います。女性の生き方例みたいなのが豊富でした。うん、幸せでありたいな。2015/06/10

kaizen@名古屋de朝活読書会

5
なぜ小説家になったか。 どういう経緯で小説家になったか。 小説を書くときは孤独。 孤独との向き合い方の例が分かるかもしれない。 唯川恵の作品が好きでない人や、孤独を楽しんだり、孤独を感じない人には無用の作品かもしれない。 唯川恵は、随筆より小説の方が圧倒的に好きです。 随筆は、著者の背景をしり、小説の感傷(鑑賞ではなく)に役立てたいと思うから拝読しています。2013/02/16

うるの

4
シングルとして生きている女性たちへ向けた、先輩からのメッセージ。元気をもらいました。どういう生き方を選んだって、良いことも悪いこともあるのだから、周りと比べてばかりいずに、自分で見つけないといけませんね!2016/11/03

ja^2

4
女の20代後半と男の50代後半は似ているところがある。女は独身の賞味期限とされる30歳を意識して大いにジタバタするようだが、男も60歳という社会的最後通牒を前に同じような気持ちになる。▼私のような健康な男やもめであれば尚更だ。仕事を懸命にする中で相応の肩書きはついたものの、その代償として多くの友を失い、気がつけば仕事で活躍できるのもあと数年。子供達も巣立っていって、私は完全に一人である。▼あげく、大いにジタバタしてたどり着いたのが、この本だ。確かに似ている。だが同種ではない。だから分かり合えるはずもない。2016/04/02

ヅメ

4
彼氏もご無沙汰で、お見合いもうまくいかず、でも行動を起こせず、毎日が単調に過ぎていく。この本は、そんな女性たちに寄り添い、自信を与え、勇気づけてくれるような言葉で溢れている。それらは、筆者自身が同じ状況で、苦しみに苦しんで、そしてたどり着いた哲学なのだ。どれだけ歳を取っていても、前向きで好きなことに没頭しているような女性を、男性は放ってはおかないと僕は思う、って、無責任か。シングルで孤独に苦しむ女性に向けたエッセイ、という内容を24歳の男が読むというのは、ちょっと背徳感があったけれど、これも読書の面白さ。2015/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/469283

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。