集英社文庫<br> 森瑤子が遺した 愛の美学

  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
森瑤子が遺した 愛の美学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087487220
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0195

内容説明

この恋を成就させたい、この恋愛は終わらせたい、身勝手な男と女。演技したり、しなかったり、複雑な人間心理。森瑤子の遺した作品の中に、宝石のように輝く名言の数々。時には唸り、時には涙し、時には微笑み、至福の瞬間に。「結局、女にとって男とは、寝てみたいか、そうでないかの、二通りしかないのではないだろうか」etc.あなたを幸福へ誘います。

目次

1 恋愛(愛の本質;愛の法則;愛のルール ほか)
2 性愛(性の深淵;男の苦悩・男の本音;女の苦悩・女の本音;豊かな性のために)
3 男心と女心(男と女 そのすれ違い;“男”という存在;“男心”を読む ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

双海(ふたみ)

14
自身の小説・エッセイの中から採録した言葉たち。なかなかおもしろかった。「男が無防備なのは、獲物を追いつめている時よりも何よりも、ズボンをはく瞬間なのではないか。」「女は肉体で悲しむ」2019/07/06

団塊シニア

11
今は亡き作者の遺した作品の名言の数々がのってる。言葉の豊富さ、感性の鋭さ一読の価値がります。その中の一節で愛について次のように語ってます。「人間というのは悲しいかな、なんの見返りもなしに永続的に人を愛し続けていくことができない動物だ。」2012/06/10

rakim

8
森瑶子さん・・一時女性の間にブームのようになった作家さん。なんだか懐かしくなって。彼女の著作の中から「愛の言葉」の抜粋集です。変な「恋愛指南本」なんか読むよりも、うなずける言葉があふれています。もう私自身は森さんの文章に感じ入るのではなくて「そうよね!」と共感するだけの年季は入りましたが・・・2013/06/13

n.moon

4
今までの作品の中から、名台詞を抜粋してまとめたもの。自分の埋められてない隙間に、ぴたりとはまるパズルの一片がこの中にある。それを見つけられれば、この本の意味が成り立つ。そんな一冊。愛に迷ったら読んでね…2012/06/16

チョコ

1
小説のなかのセリフ集 話の流れあってのこのセリフなのに、セリフだけだとただの欲求不満な方々って感じだなぁ2010/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/417961

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。