集英社文庫<br> 雪よ荒野よ

個数:
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
雪よ荒野よ

  • 佐々木 譲【著】
  • 価格 ¥838(本体¥762)
  • 集英社(1997/11発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月08日 01時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 448p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087487107
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

明治二十年代から三十年代にかけての北海道は黎明期、ひと山当てようとする男、流れてきた女など、さまざまな人間たちが流れ込んでいた。もともとの住民たちであるアイヌの人たちもいた。そのなかで支配する者とされる者との構図が出来あがっていった。そしてついに虐げられた男たちが立ち上がり、復讐の銃弾がうなる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さっと

8
『五稜郭残党伝』をはじめとする幕末~明治の北海道ウエスタンに連なる作品集ということで読んでみたけれどとても良かった。戊辰戦争も終わって着々と開拓の進む北海道各地が舞台で、和人とアイヌ、官軍エリートと幕軍くずれ、地主と小作、未開の地で海外式の農法を実践する者と一攫千金を夢見て渡ってくる者、自ら望んで入植する者と収監されて使役される者…実に多彩な人間模様で、当時の北海道の様子が丹念に描き出されている気がする。著者の言う「移植の試み」(西部劇のお約束に則ったストーリー展開)も違和感なく楽しめた。2021/07/27

はる

4
明治20年~30年ごろの黎明期の北海道各地を舞台にした中篇4本。決闘ありロマンスありの西部劇さながらの盛り上がりに惹きこまれました。ですが、開拓者そしてアイヌ民族への権力側の横暴が悲しく、楽しく読んでしまってはいけないようにも・・・2011/09/17

tai65

2
星4つ2015/02/17

Schunag

2
再読。北海道ウェスタン宣言は本書巻末だったのですね。2011/01/23

ミュンヘン

2
開拓を始めたばかりの頃の北海道がいかに未開の地であったか、いかに自らで自らと家族の身を守らねばならなかったのか…厳しい自然はもちろんのこと、ならず者に刑務所脱走者たちから身を守るには銃が必要だった…。まるでアメリカの西部劇のようだ、と思って読んでいたら、最後に著者自身が西部劇を日本に移植したくてやってみたと書いており納得。2010/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/394837

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。