集英社文庫<br> 愛逢い月

個数:
電子版価格 ¥481
  • 電書あり

集英社文庫
愛逢い月

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 11時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087487046
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

甘く切ない恋の至福のときは短くて、頂点を極めたあとには、ただ、執着と妄想に満ちた永い時間が続くだけ…。かつての恋人と共に、死者の世界を永遠にさまよう甘美な地獄を幻想的な筆致で描く「38階の黄泉の国」。出ていった男を待ち暮らす寂しい女の危うい心理を追う「ピジョン・ブラッド」など、恋と、恋の残滓の中にひそむ、恐怖とサスペンスとミステリーを描く愛の終わりの物語全6編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

307
6つの短篇を収録。配列には配慮がなされており、冒頭の「秋草」は小説世界の幻想空間へのいわば入眠、そして最後に置かれた「内助」は現実世界への帰還と覚醒だ。最後の1篇を除いて、これらの小説の向こうに待ち受けているのは奈落だ。そして、いずれの作品でも「こんなはずではなかったのに」という陥穽に陥った主人公たちの戸惑いが核をなしている。ここに描かれる奈落は、日常の一歩先というよりは日常そのものの中に潜んでいたことに主人公たちも、そして読者である私たち自身も物語の最後に気づかされるのである。2017/06/22

マエダ

91
渋い。女性の何を考えているかわからないラインの描写がすごく面白い。勧められ読んだが今までの自分の読書遍歴とはまた一味違う角度の本で満足。2016/12/30

あつひめ

84
ピジョン・ブラッドは以前にも読んだことがあった。息苦しいような心境がどんどん負を招いていくような気がした。女の幸せって巣箱を作ってその中で睦まじく暮らすことと思う人が多いのだろうか。それも愛した人と・・・。残念なことに誠の愛と信じるものほど、なかなか手に入りにくい。人はどんどん欲深くなるから少しずつ気持ちに負担を上乗せしながら生きていく。「38階の黄泉の国」・・・ゾゾッとした。永遠の愛をこんな形で手に入れるとは。「いつの日か一緒になりたい」なんて思いを抱くのが怖くなった。愛憎・・・愛も憎しみも紙一重。2013/03/28

なっち

30
短編集。『ピジョンブラッド』だけ既読。どの話も読んでて息苦しくなるんだけど、読むのをやめられない。解説は小池真理子さんで嬉しかった。2020/08/16

hope

28
恋という蟻地獄、その底にある闇。 愛する男の日常が丸ごと欲しい。卑劣な嘘。苦い後悔。甘美な敗北感。噛み合わない男女の価値観。越えては行けない一線。 ここに描かれる恋愛は、生々しく息苦しくてグロテスクだけれど、いや、だからこそ、奇麗で、残酷で、怖い。2020/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/504822

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。