集英社文庫<br> 性愛人類史観 エロトポリス―荒俣宏COLLECTION2

集英社文庫
性愛人類史観 エロトポリス―荒俣宏COLLECTION2

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087486599
  • NDC分類 384.7
  • Cコード C0195

内容説明

ポルノとアートの違いは何か。セックスと文化の関係はいかなるものか。エロスの本質を探究すべく、数々の例をあげて解析する荒俣宏コレクションの白眉。ピンナップ、セックス博物館、ストリップの歴史、春画など、カラー図版も豊富に、美と喜びと欲望に満ちた悦楽の園へ誘う禁断の書。

目次

序 エロトポリスで聞いた噂
第1部 エロスは疲れない(子どもには分からないピンナップの真実;セックス文明の驚異;「セクソラマ」で視る明日の世界;悪趣味な美神;タヒチ伝説―南洋の楽園に美女がいて ほか)
第2部 ファッショナブルな性(よい裸、悪い着衣;誠実な嘘の記録―ファッションプレート;ファッションの陰謀;頬を赤らめる植物)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぷくらむくら

1
10年ぐらい前に亡くなった親父の本棚から拝借。博覧強記さが光る一冊なのである。あいまに挟まれている写真が刺激的(おだやかではあるが)。2015/03/23

小林ミノリ

0
ポルノグラフィーの誕生、人はいかにして性愛を図像として表現してきたのか、ポルノとアートの狭間に生まれた、美術界の私生児についての考察、図版も多数。

デナーダ

0
荒俣コレクション再挑戦中2020/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/532802

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。