集英社文庫<br> 死にかたがわからない―法医学者の検死メモ

集英社文庫
死にかたがわからない―法医学者の検死メモ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 267p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087486476
  • NDC分類 498.9
  • Cコード C0195

内容説明

ひとは必ず死ぬ。死にかたは千差万別である。「ふつう」でない死にかた「異状死」は司法解剖しなければならない。著者は法医学者、東京都監察医として、10,000体以上の異状死体を解剖検案。ラヴ・ホテルで女性が殺害、独身の会社員が自殺等など、さまざまな異状死の、ひととおりの所見を調べ、死因と死後経過時間を推定…。生の喜び、哀しみ、生命の重さを描く、法医学者のノート。

目次

女性の年齢
ラヴ・ホテル
胃内容
気がかりな点
遺書
密告
ひき逃げ
復活
父の名誉
いつものように〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

五月のつつじ

3
色んな死にかたがあるんだなぁ。病院で普通に終わりを迎えることばっかりじゃないし、異常死でも場所によってそのあとの対応も違うなぁって2016/06/23

ちゃびたん

0
★★★☆☆2016/10/19

Gen Kato

0
さらりと書かれたエッセイ集だが、人間の「死」にかかわる職業とそのエピソードだけに味わいは深い。『胃内容』『密告』など、読後ぞっとする。2014/04/03

A10

0
まあ、サブタイトルの通り「法医学者の検死メモ」そのままの内容ですねー。個人的には同じ検死内容の記録としては上野さんの方が好きです。2008/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/460844

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。