集英社文庫<br> 平成元年の殺人

集英社文庫
平成元年の殺人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087486049
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

推理作家・中里英光のところに手紙が届いた。差出人は浜倉和樹、中里に弟子入りを志願する28歳の青年だった。弟子はとらない主義の中里だったが、浜倉の熱心さに、手紙のやりとりだけなら、という形で結局弟子入りを認めた。浜倉の疑問に答え、中里は自らの理論を展開するが…その中に意外な事件が隠されていた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

お笑いループシュート

0
平成元年に起きた殺人の話。著者を思わせる推理小説家と小説家志望の青年との手紙のやりとりで、話が進められていく。著者の推理小説観が分かる一冊。2016/09/14

schizophonic

0
全編、書簡のやりとりで、推理作家と作家志望者がミステリー論を交わしていくのだが、実作や実在の推理作家のエピソードを交えて綴られており、類似するトリックの問題や、現実の犯罪と小説の関係などに関する考察が興味深い。それらとともに、作家の身辺の事情が織り交ぜられ語られていくのだが、終盤にいたり、謎らしい謎のなかった話が、紛れもないミステリに一変する。著者の提唱するストーリーそのものがトリックをなすというストリック理論の好例となっている。オチ自体は予想のつくものだが、ラスト1頁で構図が反転する構成の妙を味わえる。2012/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1380073

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。