集英社文庫<br> スサノオ自伝

集英社文庫
スサノオ自伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 566p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087485509
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

黄泉国から俗界を眺めていたスサノオノミコトが、長ーい沈黙を破って、ついに立ち上がった。「私は高天原の暴れん坊ではない。今こそ真実のわが生涯を語るときだ!」と語り始めれば、笑いと涙が洪水になって溢れだす。冒険ばかりじゃあない。宇宙の成り立ちから、性へのめざめ、子供間のいじめ、戦争のナンセンスetc.まで徹底テツガク。一大奇想・パロディ・冒険・哲学・ユーモア小説の開幕。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kishikan

19
これまで読んだ芦原さんの小説では、異色の歴史もの。それも日本創造期、つまり神話(古事記)の世界を描いています。天照の弟のスサノオが、現代において語る自伝で、この着想がまず面白い。それに、結構パロディも効き、500ページを超える長編それも古代の話は好みでない僕でも、飽きずに読むことができました。聞くところによれば、筋書きとしては神話の世界を大きく逸脱してはいないとのことですが、スサノオを始め、登場人物の性格設定は全く異なるようです。人生哲学として訴えるものもあり、加えて奇想天外な歴史小説として楽しめます。2012/02/05

ふぃすか

12
相反する立場にあるものをひっくり返すと、白が黒、黒が白になる。スサノオをお人好しにすると、周りはほぼ計算高くなってしまう模様(汗) マデーラさんが一番得体が知れません。シコオさんは下衆です(キッパリ) 人間くさくていいですねぇ(そうかな…) 方言が効いてます。下世話なところが何とも苦笑を誘うのでありました。そして一人だけ人間離れした人、アマデラス(人なんだろうか…) 見事なアレンジだと思います。お人好しすぎるよスサノオー!2005/01/09

miroku

10
神話を歴史にノベライズ。このシニカルな見方はそれなりに面白い。2010/10/24

スエ

3
意図せず神格化されてしまったことに不満を抱いたスサノオが、自身の真実の姿を黄泉国からお届けするーーといった荒唐無稽なパロディ大作。語り口も青春デンデケデケデケのノリなのでおふざけかと思いきや、実はとんでもない哲学性を秘めている。神とは、国とは、そして人間とは、と何気に考えさせられる小説です。2015/03/28

茶メル

2
○あの有名な天照大神の弟、スサノオの自伝。あの世に逝ったスサノオがあんときはあーじゃった、こーじゃったと波乱万丈な人生?を振り返る。芦原すなおの軽快でユーモアたっぷりの文章で硬い神話が本当に楽しくよめた。だが内容濃いくて結構エネルギー使った。2009/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10464

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。