集英社文庫<br> 夜ひらく

集英社文庫
夜ひらく

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087484571
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

扉をひらけば、そこは惑溺の世界―。ガラス絵のアンドロメダ、大理石のヴィーナス、ウィーンの宮廷に出没するサロメ―様々な姿を借りて現し世に立ちあらわれる“運命の女”。男たちは、“致命的な美”の前でただ色蒼ざめ、滅んでいく―。パリ、ウィーン、グラスゴウ、ペテルブルグ、ミラノ―19世紀末ヨーロッパに花咲いた都市を舞台に繰りひろげる連作綺譚小説集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hanaka

1
SMや退廃的なものも書かれていたが、辻邦生だと全くエロくない。どうしても文学作品になるんだなあ。2016/11/29

宮永沙織

1
パリ、ウィーン、グラスゴウ、ペテンブルグ、そして彼方へ…世紀末の色濃い六つの都市を舞台に、《夜》を心ゆくまでひらくのは、運命の女。男たちは、致命的な美の前でただ色蒼ざめ、滅んでいくー。愛と死と官能の短編集。集英社より。都市ごとに宝石がモチーフになっており、美と嫉妬にかられた男女が出てきます。サロメのパロディの《狩人たちの午後の歌》が大変好みでございました。大人のための童話。2014/05/12

雲國斎

0
記憶の断片もない!2002/09/25

しんこい

0
欧州を舞台に、芸術や運命にとらわれた人が主人公の小説は、この作者の独壇場という感じがします。2011/02/12

まりこ

0
短編なので物語の雰囲気。美と愛の為の生と死。昔のヨーロッパの男女。芸術に魅入られる人。2021/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/502562

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。