集英社文庫<br> 救急外来

電子版価格 ¥495
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
救急外来

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 268p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087484274
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

舞川苑子は、一時、看護婦という仕事に自信をなくしたが、総合病院の救急部に再び勤務。殺傷、自殺未遂、交通事故、そして歯痛など、さまざまな患者の生と死の狭間で青春を燃やす。厳しい先輩看護婦の叱責に堪え、居丈高な医師の暴言にも堪え、夢中で仕事をこなしていく。「救急外来」の実態を赤裸々に描く、ドキュメンタリー小説。「看護婦物語」続編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

RAKUSI

7
久しぶりに、著者の本を読みました。そしてやっぱり感動しました。2015/09/27

rakim

2
「ドキュメンタリー小説」という言葉に常々もっているハテナ感は、テンポの良い展開と病院現場の現実感とで、忘れて読みました。江川さん原作のドラマは知っていましたが、著作は初読。「看護婦物語」も読んでみようと思います。2011/06/13

mameshiba

2
主人公のすがすがしさ、まっすぐな所が読んでいて気持ちが良い。救急外来でのやるせなさはすごくよくわかります。2010/09/03

まさえ

1
内線で返事をしてから 来るまでに15分もかかった医師は、その15分の間なにをしてたんだろう…。。。すぐに駆け付けていたら助かったかもしれないのに。。。「早く医者を呼べ」と怒鳴られる看護師さんが(もちろん患者さんもそのご家族も)気の毒。2017/10/05

fukafkacraft

0
前半数頁のつかみが半端じゃない。まさに救急外来のドタバタぶりが見事に書かれている。恐るべき展開の早さ。無駄な描写がまったくない。2016/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/46051

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。