集英社文庫<br> どこかで誰かが見ていてくれる―日本一の斬られ役 福本清三

個数:

集英社文庫
どこかで誰かが見ていてくれる―日本一の斬られ役 福本清三

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087476514
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0195

内容説明

恥ずかしがり屋の少年が、15歳で京都撮影所へ。運動神経に恵まれた彼は、時代劇の華やかな立ち回りを盛り上げる斬られ役として、有名監督や銀幕のスターたちの目に留まるようになる―。以来43年、セリフはもちろん、台本がないのが当たり前の、斬られ斬られて2万回の大部屋生活。東映時代劇映画の盛衰とともに歩んだ男が語る、笑いあり涙ありの役者人生。

目次

序 「必死」のひと
第1章 城崎の少年
第2章 斬られ千人
第3章 仁義なき戦い
第4章 ふーん、できちゃった城物語
第5章 どこかで誰かが見ていてくれる

著者紹介

福本清三[フクモトセイゾウ]
1943年兵庫県生まれ。中学卒業後、一五歳で東映・京都撮影所に入る。以来、大部屋俳優一筋に生きる

小田豊二[オダトヨジ]
1945年旧満州生まれ