集英社文庫<br> 楊令伝〈5〉猩紅の章

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

集英社文庫
楊令伝〈5〉猩紅の章

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年06月29日 21時33分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 397p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087467475
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

江南に烈風吹き荒れ、方臘と童貫、最終決戦
聞煥章が抱いた燕国の夢は、李富の策略によって潰えた。その間に、梁山泊軍は河水沿いの地域を制圧する。江南では方臘勢が、童貫軍との最後の死闘を繰り広げようとしていた。(解説/小久保裕紀)

内容説明

推戴した帝が暗殺され、聞煥章の燕建国の野望は半ばにして潰えた。燕軍は瓦解し、北の戦線は終熄する。梁山泊軍は、楊令の作戦によって河水沿いの地域を一気に制圧した。一方、江南では宋軍による方臘信徒の殺戮が凄惨を極めている。しかし度人の声はなお熄まず、呉用は決死の覚悟で勝利のための秘策を練る。方臘自らが前線に立ち、ついに童貫軍との最後の決戦が始まった。楊令伝、狂瀾の第五巻。

著者等紹介

北方謙三[キタカタケンゾウ]
1947年唐津生まれ。中央大学法学部卒。81年『弔鐘はるかなり』でデビュー。83年『眠りなき夜』で第4回吉川英治文学新人賞を、85年『渇きの街』で第38回日本推理作家協会賞長編部門を、91年『破軍の星』で第4回柴田錬三郎を受賞。また、2004年『楊家将』で第38回吉川英治文学賞を、06年『水滸伝』(全19巻)で第9回司馬遼太郎賞を受賞。10年に第13回日本ミステリー文学大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

244
前半の山場といえる傑作巻。序盤に梁山泊軍が見せるトリッキーな戦略にもワクワクささせられたが、方臘VS童貫がとにかく熱い展開で、読了後には、ほとんどそれしか印象に残らない。両雄それぞれに石宝と岳飛がつき、こちらの代理戦もまた楽しい。たがが外れていても、並外れて大きい器を見せる方臘と、とにかく武人として圧倒的な格好よさを持つ童貫の、一進一退の攻防が繰り広げられ、童貫が「死にに行ってくる」といって寡勢で突っ込んだ時には、楊令が、これを超える男気を放つのは無理なのではないかと思ってしまった。2022/01/16

しんごろ

169
宗教集団と思想を持った集団。異なる二つの集団が宋を倒そうとしてる。宗教集団を率いる方臘、豪快で部下がやりやすい環境にしている。漢として、格好良かった!方臘の正規軍を率いた石宝も格好良かったぞ!呉用、背負ったものがまたひとつ増えたが、その背負ったものはきっと、力を溜めた梁山泊に役にたつはずだ!呉用が一回りも二回りも大きくなった気がする。南の叛乱は終息したが、力を溜めた梁山泊が、宋にたいして牙を向けるのが楽しみです。2018/07/15

レアル

104
ハラハラドキドキ、手に汗握る闘いで~♪童貫、敵ながら強いねぇ!でも呉用の策で闘いが決まった時の笑う方臘をみて、さぞかし悔しかったでしょう!そんな方臘が。。そして忘れてはならない梁山泊!これからもっと展開しそうな予感で楽しみ。2013/04/19

みやこ

82
一つの大きな山場を迎えた巻。全ての責は己にある、と言い切れる童貫の器の大きさを改めて突きつけられる。公平であり、勇敢であり。稀代の名将である男の言葉は、何一つ間違ってはいない。そんな男が最後の戦いの相手と見定めた敵、即ち、梁山泊。その梁山泊のために禁軍の兵力を削ぐと同時に、呉用の再生でもあった方臘たちの戦い。たらればを言ったらキリがないけれども。もしもあのとき、と、違った局面を思い描きたくなる戦いぶりだった。虎延灼と史進の会話が相変わらず好き。方臘の軍の最精鋭を迎え入れた梁山泊の戦い方がとても気になる。→2017/05/07

Kircheis

67
★★★★☆ 方臘が死に、呉用も梁山泊に戻る。 宋の南北で行われた大戦争もひとまず収束して、物語前半の区切りといった感じ。 童貫は単に戦が上手いだけでなく、人格的にも完全に英雄の器だな。2018/04/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4242211

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。