集英社文庫<br> 夫婦で行く旅の食日記―世界あちこち味巡り

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

集英社文庫
夫婦で行く旅の食日記―世界あちこち味巡り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月19日 16時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 344p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087452778
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0195

内容説明

熟年ならではの旅の楽しみ方を知り尽くしている著者夫妻。人気のトルコやインド、珍しいイラン、レバノンなど計24カ国をツアーで訪問し、名所巡りの合間にビールで休憩、夜はワインと共にパスタやケバブ、タジン、クスクスなど多彩な料理を各地で堪能。目と舌の記憶だけを頼りに、料理を再現したレシピコラムを収録した“夫婦で行く”旅シリーズエッセイ。是非お腹をすかせた状態でお読み下さい。

目次

トルコ料理で世界の味に目覚める
トルコは意外に野菜もうまい
インドではほとんど食べられなかった
ウズベキスタンはうーむ、イランはケバブばかり
レバノン、シリア、ヨルダンはほぼ同じ料理
エジプトは歴史の味、イエメンは家庭の味
チュニジアはクスクス、モロッコはタジン料理
南バルカンの国々はトルコ料理の影響
西バルカンの味は三方からのせめぎあい
東バルカンの国々は素朴な料理
スペイン料理はバラエティがある奥も深い
イタリア料理は地方ごとの自慢の味

著者等紹介

清水義範[シミズヨシノリ]
1947年10月28日名古屋市生まれ。愛知教育大学卒業。81年『昭和御前試合』でデビュー。88年『国語入試問題必勝法』で第9回吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

これまでイスラム、イタリア、バルカンと舞台を変えて刊行されてきた“夫婦で行く"旅シリーズで、著者夫妻が訪れた数々の国で出合った“食"をテーマに綴った番外編エッセイ。(解説/久住昌之)