集英社文庫<br> 旅屋おかえり

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
旅屋おかえり

  • 原田 マハ【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 集英社(2014/09発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに205冊在庫がございます。(2022年08月17日 22時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 349p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087452259
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

売れないアラサータレント“おかえり"こと岡えりか。ひょんなきっかけで始めた「旅代理業」は依頼人や出会った人々を笑顔に変えていく。『楽園のカンヴァス』の著者が贈る感動の物語。(解説/吉田伸子)

内容説明

あなたの旅、代行します!売れない崖っぷちアラサータレント“おかえり”こと丘えりか。スポンサーの名前を間違えて連呼したことが原因でテレビの旅番組を打ち切られた彼女が始めたのは、人の代わりに旅をする仕事だった―。満開の桜を求めて秋田県角館へ、依頼人の姪を探して愛媛県内子町へ。おかえりは行く先々で出会った人々を笑顔に変えていく。感涙必至の“旅”物語。

著者等紹介

原田マハ[ハラダマハ]
1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部および早稲田大学第二文学部卒業。2005年「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し作家デビュー。12年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 6件/全6件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yunemo

844
良かったです、この感覚。旅屋というジャンルのサービス業、なかなか考えられませんでした。でも、このところ、ぬいぐるみと一緒の旅行とかいろいろ話題にはなってるから、成り立つのかも。それよりも、旅に付随するいろんな出来事、ここで言えば、フォーマルな世間体とほんとの人間らしさ、裸のプライベートな人間とをきちんとつないでくれる手段として、こんなに効果的、有効なものはないのでしょう。しみじみと感じさせてくれました。人間って「叩かれて叩かれて、強く、美しくなる」、この言葉に深く感動。長く人間やっていく上での至極の言葉。2014/11/09

しんごろ

841
まず北海道民の自分としては、おかえりさんが北海道の礼文出身というのがいいね(*^_^*) 崖っぷちタレントの旅の代行というのも、旅行好きな自分には、ハマってしまった!楽しく面白く読めました!鉄壁社長もいい味でてる!九州男のアルバムをBGMに読めばよかったかな?それとも浜田省吾かなあ(笑)2015/08/16

749
主人公のおかえりさんをはじめ、社長や周りの人たち、旅を依頼する人たち、旅先で出会う人たちみんないい人でした。1番好きな登場人物はやっぱり社長かな。旅屋おかえりって素敵な言葉だな。旅から帰ってきて誰かにおかえりって言われるのってとてもあったかくなるなと思いました。私の地元愛媛にもおかえりさんが来てくれていた!出てくる風景が結構知った場所もあったので嬉しかったです。2021/07/18

hit4papa

567
本作品は、元アイドルにして、今やがげっぷちアラサータレント 丘えりか の奮闘記です。物語は比較的、ユル~い出だしです。著者の作品は、こういうユルさに油断すると、クライマックスで涙腺が崩壊するので要注意。ひょんなことから、旅へ行けない人の代わりに、主人公が旅をする”旅屋”を始めることになります。このくだりは、ぐぐっとアツいものがこみ上げます。ここは道半ばなので、涙腺崩壊は我慢のしどころです。が、ラストは、例えるなら、くしゃみを我慢したら、くしゃみが出なくなってしまったような、もどかしさを感じてしまいました。2019/09/28

さてさて

531
『十代の頃から「移動が好きだ」と公言してやまなかったら、いつのまにか旅することが仕事になっていた』という岡林恵理子。そんな恵理子が『こんにちは。「おかえり」こと、丘えりかです』と、芸名の『丘えりか』をもじった通称『おかえり』として今日も元気にお茶の間に旅番組を届けてくれるこの作品。個性豊かなとても濃い人々に囲まれる『おかえり』。何事にも真摯に向き合い、何事にもひたむきに取り組む『おかえり』の生き方がとても心に響いてくるこの作品。人情味溢れるとてもあったかいその作品世界に、素直にいいなぁと感じた作品でした。2021/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8241699

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。