集英社文庫<br> できない男

個数:
電子版価格
¥649
  • 電書あり

集英社文庫
できない男

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2024年05月23日 03時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087445251
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

共感必至のアラサー青春小説!

芳野荘介28歳。
彼女いない歴も28年。
田圃と山しかない地元・夜越町で冴えない広告デザイナーをしている。
一方、河合裕紀32歳。
超一流クリエイター・南波仁志の右腕でありながら、
独立や彼女との結婚には二の足を踏み続けていた。
そんな真逆の二人が《夜越町農業王国》プロジェクトでチームを組むことに。
迎えた人生の転換期、「できない男」たちが出した結論とは?
頑張る大人のための青春小説。


【著者略歴】
額賀澪(ぬかが・みお)

1990年茨城県生まれ。
2015年『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞を受賞。
同年『屋上のウインドノーツ』(「ウインドノーツ」を改題)で第22回松本清張賞を受賞。
著書に、『タスキメシ』『さよならクリームソーダ』『拝啓、本が売れません』『風に恋う』『競歩王』『転職の魔王様』『弊社は買収されました!』『タスキメシ 五輪』など。

内容説明

芳野荘介28歳。彼女いない歴も28年、田圃と山しかない地元・夜越町で冴えない広告デザイナーをしている。一方、河合裕紀32歳。超一流クリエイター・南波仁志の右腕でありながら、独立や彼女との結婚には二の足を踏み続けていた。そんな真逆の二人が“夜越町農業王国”プロジェクトでチームを組むことに。迎えた人生の転換期、「できない男」たちが出した結論とは?頑張る大人のための青春小説。

著者等紹介

額賀澪[ヌカガミオ]
1990年茨城県生まれ。2015年『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞を受賞。同年『屋上のウインドノーツ』(「ウインドノーツ」を改題)で第22回松本清張賞を受賞A6(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

35
地方広告制作会社のデザイナー芳野荘介28歳。年齢=恋人いない歴で仕事も中途半端な自分に行き詰まる「できない男」が、憧れの超一流クリエイターのブランディングチームに地元デザイナー枠として突然放り込まれ、少しずつ変わってゆく青春小説。初っ端からやる気を見せてみても簡単には変わらない現実を突き付けられるキツイ展開から、覚悟出来ない男・河合や様々な人たちと出会い、感化されながら成長してゆく姿やそれぞれの選択は印象的でしたが、最後のあれは痛快だけれど、もう地元に帰れなくなるのでは…とちょっと心配になりました(苦笑)2023/05/19

mayu

24
田舎で広告デザイナーとして働く荘介は恋愛経験無しの恋愛も仕事も「できない男」有名デザイナーの右腕、新しい舞台や恋愛が面倒くさい裕紀は覚悟が「できない男」そんな二人が町おこしコンペで出会い、映画や小説みたいな事は起こらないと嘆きながら人生を送るアラサー男子のお仕事小説。荘介の青春への憧れをこじらせちゃってる感じが良いキャラ。愚痴を言いながらもチャレンジして、頑張っている姿を応援してたけど読後の印象は違うものになったな。荘介も裕紀もどちらも好きになったら痛い目を見るからこういう男には気をつけたほうがいい(笑)2023/05/25

なみ

20
彼女いない歴イコール年齢の芳野と、失恋を引きずっている河合が出会い、共に仕事をしながら成長していく話。 仕事や恋愛、結婚。 学生の頃とはまた違った悩みではありますが、しっかり青春してます。 30歳前後の人にちょうど刺さるような内容だと感じました。 登場人物もみんなよかった。 特に南波さんが、ナチュラルな天才という感じで素敵でした。 芳野と春希のやり取りが楽しかったです。一生見てたい! ラストの展開は驚きましたが、個人的には好きです!2023/06/12

ゆずきゃらめる*平安時代とお花♪

11
結婚できない男と二股失恋で恋愛できない男。プラスして割ったらいい男ができたかもしれない・・。世の中結婚して家族作ってなんぼ・・誰が決めたんだそんなこと。二人にとって〈アグリフォレスよごえ〉は試練でチャンスだったな。できる男で終わって欲しかったのに最低男!? 2023/09/12

こばゆみ

11
青春小説のイメージが強い額賀さんが書くお仕事小説。でも主人公のアラサー男子が将来に悩みもがく姿は青春小説ぽさもあって。終盤まで面白く読んだけれど、個人的に最後の展開は女性側に感情移入してしまってダメだった(^_^;)。あと表紙の2人か作中のイメージと全然違う(笑)2023/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21232332
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。