集英社文庫<br> 東京藝大 仏さま研究室

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
東京藝大 仏さま研究室

  • 樹原 アンミツ【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 集英社(2020/10発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに202冊在庫がございます。(2021年11月28日 05時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087441727
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

東京藝大あるあるも満載! 「仏さま研究室」の過酷な修了課題「模刻」に悪戦苦闘する学生たちを描く、クスっと笑える青春小説。

内容説明

2浪、3浪は当たり前、時には10浪以上の学生も…パンダと桜で賑わう上野公園に隣接する東京藝術大学。通っている学生も教授も少し変わった人ばかり。そんな東京藝大で、仏像の保存について研究する通称「仏さま研究室」の修了課題は、なかなか過酷で学生泣かせだ。様々な思いを抱え、真心を込めながらも、「模刻」に悪戦苦闘する学生たちを描く、クスっと笑えてグっとくる青春ストーリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっちゃん

169
仏像の保存、修復について研究する通称「仏さま研究室」天下の東京藝大と仏像を結びつけて考えたことはなかったな。院の修士の修了課題は1人1体の仏像を再現する「模刻」緻密に採寸、計算を進める作業はアートというよりはもはや科学。芸術を志した者ならではの将来への不安を抱えながら、作業に打ち込む若者の姿は暗くなりすぎず、時にはユーモアがあり、読んでいるだけの自分も元気を貰えた気がする。清々しい読後感の1冊。2021/05/31

みどり虫

150
読み友さんのレビューで興味を持って読んだ。これはおもしろかった!東京藝大に実在する研究室を舞台に書かれた小説。修士2年の4人(表紙にいる男女2人づつ)の修了課題は仏像の模刻(模刻したい仏像を決めて、木を探すところから!)それぞれの事情や想い、家族、この研究室だからこその苦悩やその後の進路などが興味深い。読んでいくうちに応援したくなる魅力的なキャラクターのこの4人、そして周りの人達が読後感を良くしてくれる。そして仏像は好きだけれど詳しくはない私には、その歴史や工程、技工、修復の話などもとてもおもしろかった♪2021/06/19

ぶち

113
仏さま研究室は、東京藝大大学院で文化財の保存修復の研究演習を行っています。そこでは独創性を重んじる芸術の世界とは相反する模倣の技術を学び、研究しています。言ってみれば芸術の精神とは葛藤する技術なんですね。この小説はその研究室で学ぶ若者の苦悩と成長の物語です。豊かすぎる個性の持ち主である学生たちの言動は笑いを誘う部分もありますが、彼らの苦悩にしみじみと共感したり、若い頃の昔を思い出してうるうるしたり、身に覚えのある似たような失敗に苦笑いしたり。そして、物語の中で披露される仏像や仏教の知識も嬉しいのです。2021/06/06

本読みたぬき

102
東京芸大大学院で仏像を専攻する学生の話。特殊な専攻だけど、変人ではなく普通の若者の青春物語だった。もちろん仏像についての興味深いうんちくも学べる。そういえばパラリンピックでは障害を持つ彼らが普通の若者であることが周知されたよね。2021/09/18

chantal(シャンタール)

99
東京藝大で仏像保存を学ぶ学生たちの青春と成長。仏像一口メモみたいな豆知識も満載されており、楽しめる。私はほんとに手先が不器用で昔から美術関係は見るだけで自分で何か描いたり作ったりなんてしないんだけど、自分にその才能があったなら、文化財保護の仕事とか、やってみたかったよなあ。参考文献の中に何冊も既読の本やこれから読もうと思ってた本があったのはちょっと笑ったけど。でも、青春って、いいよね。2021/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16738194

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。