集英社新書<br> 水道、再び公営化!―欧州・水の闘いから日本が学ぶこと

個数:
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
水道、再び公営化!―欧州・水の闘いから日本が学ぶこと

  • 岸本 聡子【著】
  • 価格 ¥902(本体¥820)
  • 集英社(2020/03発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに89冊在庫がございます。(2020年04月10日 13時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087211139
  • NDC分類 518.1
  • Cコード C0236

内容説明

一九八〇年代の新自由主義改革以降、民営化路線を歩んできた欧州の水道事業。しかし杜撰な管理や財務の問題にスポットがあたり、再び、水道を公営化に戻そうという大きな流れが市民運動を起点に始まっている。昨今、注目されている欧州の左派ポピュリズムのうねりの中核は、実は「水道の再公営化」を求める権利運動だったのだ。こうした水への権利運動から日本が学び、各自治体において民営化をストップさせるにはどうすればいいのか。日本人でありながら、欧州・民主主義の最前線に立つ著者が、日本再生のためのカギを明かす。

目次

第1章 水道民営化という日本の危機
第2章 水メジャーの本拠地・パリの水道再公営化
第3章 資本に対抗するための「公公連携」
第4章 新自由主義国・イギリスの大転換
第5章 再公営化の起爆剤は市民運動
第6章 水から生まれた地域政党「バルセロナ・イン・コモン」
第7章 ミュニシパリズムと「恐れぬ自治体」
第8章 日本の地殻変動

著者等紹介

岸本聡子[キシモトサトコ]
1974年、東京都生まれ。シンクタンク研究員。アムステルダムを本拠地とする、政策シンクタンクNGO「トランスナショナル研究所」に2003年より所属。新自由主義や市場原理主義に対抗する公共政策、水道政策のリサーチおよび世界中の市民運動と自治体をつなぐコーディネイトを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

欧州の潮流は民営化から公営化に転じた。かたや外資に売られる日本の水道。この危機を脱する道を欧州で巻き起こる水の闘いから学ぶ!