集英社新書<br> アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」

個数:
電子版価格 ¥891
  • 電書あり

集英社新書
アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」

  • ウェブストアに495冊在庫がございます。(2022年08月20日 06時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 262p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210729
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0239

出版社内容情報

大人気作品「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者による、唯一の公式解説本が誕生!
野田サトル先生の描き下ろし漫画も収録!!

2018年に手塚治虫文化賞で大賞を受賞し、アニメ化も果たした「ゴールデンカムイ」。
同作をきっかけにアイヌ文化への興味を抱いたという方も少なくないはずだ。
本書はそんな人気作品のアイヌ語監修者が、漫画の名場面をふんだんに引用しながら解説を行った、アイヌ文化への最高の入門書である。
「アシリパたちの名前はどのように決まったのか」「話題の『オソマ』と『チタタプ』にまつわる裏話とは?」
「ヒンナの正確な意味と、本来の使い方」など、原作ファンならば漫画が100倍面白くなる知識満載!
もちろん、「ゴールデンカムイ」を知らない方にも楽しめるように書かれた新書となっている。
原作者・野田サトル先生によるオリジナル描き下ろし漫画も掲載!

【本書の主な内容】

・「カムイ」とはそもそも何なのか?
・世にも恐ろしい魔物たちの伝説
・家庭で作れるアイヌ料理
・アイヌは子どもの名前をどのように決めるのか
・『ドラゴンボール』そっくり!? アイヌの英雄物語「ユカラ」徹底解説
・超特急! アイヌ語入門
・「ゴールデンカムイ」 あの名シーンの背景
・アイヌ語監修の仕事と創作の裏話 ほか

【目次】

序章 アイヌ文化に人々を惹きつける「ゴールデンカムイ」の魅力
第一章 カムイとアイヌ
第二章 アイヌの先祖はどこから来たか?
第三章 言葉は力
コラム1 小樽から見た「ゴールデンカムイ」 (寄稿:石川直章・小樽市総合博物館館長)
第四章 物語は知恵と歴史の宝箱
第五章 信仰と伝説の世界
野田サトル先生描き下ろし オリジナル漫画
第六章 「ゴールデンカムイ」のグルメワールド
コラム2 黄金の民・アイヌ (寄稿:瀬川拓郎・札幌大学教授)
第七章 「ゴールデンカムイ」名シーンの背景
第八章 アシリパたちの言葉 アイヌ語とは
終章 アイヌ語監修というのは何をやっているのか?
「ゴールデンカムイ」をより楽しむためのブックガイド


【著者略歴】

中川裕(なかがわひろし)
1955年神奈川県生まれ。千葉大学文学部教授。東京大学大学院人文科学研究科言語学修士課程修了。
1995年、『アイヌ語千歳方言辞典』(草風館)を中心としたアイヌ語・アイヌ文化の研究により金田一京助博士記念賞を受賞。
野田サトル氏による漫画「ゴールデンカムイ」では連載開始時からアイヌ語監修を務める。
著書は『アイヌの物語世界』(平凡社ライブラリー)、『語り合うことばの力』(岩波書店)など多数。

内容説明

本書は「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者にしてアイヌ文化研究の第一人者である著者が、漫画の名場面をふんだんに引用しながら解説を行った唯一の公式解説本にして、アイヌ文化への最高の入り口となる入門的新書である。原作者・野田サトル氏によるオリジナル描き下ろし漫画も収録!

目次

序章 アイヌ文化に人々を惹きつける「ゴールデンカムイ」の魅力
第1章 カムイとアイヌ
第2章 アイヌの先祖はどこから来たか?
第3章 言葉は力
第4章 物語は知恵と歴史の宝箱
第5章 信仰と伝説の世界
野田サトル先生描き下ろし オリジナル漫画
第6章 「ゴールデンカムイ」のグルメワールド
第7章 「ゴールデンカムイ」名シーンの背景
第8章 アシリバたちの言葉 アイヌ語とは
終章―アイヌ語監修というのは何をやっているのか?

著者等紹介

中川裕[ナカガワヒロシ]
1955年神奈川県生まれ。千葉大学文学部教授。東京大学大学院人文科学研究科言語学博士課程中退。1995年、『アイヌ語千歳方言辞典』(草風館)を中心としたアイヌ語・アイヌ文化の研究により金田一京助博士記念賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

パトラッシュ

182
アイヌが登場する漫画は『シュマリ』しか知らないが、あまりアイヌのリアルを感じられない。一方で『ゴールデンカムイ』は北海道の厳しい自然の中のアイヌの生活を生々しく描くことで、現実の上にフィクションの面白さを際立たせている。特にアイヌ語の使用や狩猟の実態描写は手塚治虫にも優り、その文化や生活を身近に感じさせるのに成功した。アイヌ語監修者が言語や文化人類学の側面から、作品の詳細を解き明かす格好の副読本。傍らに置いて読み流していた部分を改めて見直せば、学問や文学では不可能だったアイヌと日本の歴史がくっきり浮かぶ。2022/02/11

明智紫苑

104
アマゾンで注文したのが予定より早く届いたのを読む。表紙が二重になっているのには驚いた。『ゴールデンカムイ』本編の裏話や、その他諸々があるが、私は中川さんの下の名前が「ユタカ」ではなく「ヒロシ」だと初めて知った。その中川さんには同姓同名の同業者がいるのね。巻末にリストがある参考資料の本を何冊か読みたい。2019/03/17

Nao Funasoko

101
コミックをテキストとしているためにとてもイメージしやすかったアイヌ文化入門書。これをきっかけに当然『ゴールデンカムイ』も読んでみたい。こうやって興味分野がまたひとつ増えていく。2019/04/18

つっちー

98
ゴールデンカムイのアイヌ監修者のアイヌ文化解説本。 ゴールデンカムイはアニメで見ましたが、この本で初めてそのアイヌ監修が本格的なものであることを知りました。 自分たちが奪う生命への感謝が強く、より自然と密接な関係にあるアイヌは、大自然の中での1生命体としての人間の強さも、他の文化より強い印象を持ちました。 アイヌ文化により興味がわき、本書で紹介されているアイヌ関連書籍も読んでみたくなりました。2019/05/19

seacalf

79
図抜けて面白い『ゴールデンカムイ』の影響で、俄然アイヌに興味を持った人はきっと沢山いるに違いない。影響を受けやすい自分なんかは本州で唯一だというアイヌ料理の店『ハルコロ』までいそいそと出かける始末(鹿丼がめちゃくちゃ美味しくてヒンナだった!)。いきなりアイヌ文化を知ろうとすると、独特過ぎて取っ付きにくかったかもしれないがコミックを引用しながら説明してくれるので、わかりやすさは抜群の入門書。現代でも十分通用する利に適ったアイヌの考え方や、物語としてもとんでもなく面白いアイヌの口承文芸の紹介など内容盛り沢山。2019/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13577706

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。